電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

プログラミングするならMac必須?←そんなことはない理由を解説!

MacBookとiMac
こんにちは、リバです。

「プログラミングをしたいけど、PCはMacとWindowsどっちがいいかわからない...」
「プログラマーとかITエンジニアはMacを使ってるイメージがあるけど、どうなの?」

本記事では、プログラミングをこれから始めたい方が抱きがちな、上記のような疑問を解決していきます。

僕は、仕事ではWindowsPCを使ってプログラミングをしていますが、家ではMacBook Proを使ってプログラミングをしています。

プログラミングをするために必要なPCは、MacでもWindowsでも正直どっちでもOKです。
また、スペックが高いに越したことはありませんが、初心者であるならわざわざ高いお金を出してハイスペックモデルを購入する必要もありません。

理由を深掘りしていきます。




MacでもWindowsでも問題ない理由

基本的に、プログラミングをするのに適したOSがMacであるかWindowsであるかは比較できません。

理由は以下の通りです。


  • 開発環境のほとんどが、それぞれのOS用に用意されている
  • メリットがお互いに違う

それぞれ解説してきます。

開発環境のほとんどが、それぞれのOS用に用意されている

プログラミングをするには開発環境が必須です。
開発環境とは、ソフトウェア開発を助けてくれるツールのことです。

Javaの開発ならEclipse、PHPならXAMPPなど、プログラミングごとに最適化された開発環境というものが存在します。

そして、この開発環境は、ほとんどの場合Mac用とWindows用に用意されています。

↓は、Javaの統合開発環境であるEclipseのダウンロードページです。
赤枠の中に「Mac OS X」と「Windows」の表記があり、それぞれのOSに対応していることがわかりますね。

"Eclipseのダウンロードページ"

OSがMacであろうとWindowsであろうと同じ開発環境が使えるため、プログラミングをしていく中で差がないことがわかるでしょう。

例外もあるので注意

現状、片方のOSでしかほとんど開発ができないプログラミング言語が存在します。

MacOSでしか開発できない言語として、Swiftが有名ですね。
Swiftは、iPhoneアプリを開発することができるプログラミング言語です。

Swiftの開発環境であるXcodeは、MacOSでしか手に入れることはできません。

そのため、iPhoneアプリの開発をこれから始めようと思っている方は、開発用PCにMacを選ぶ必要があります。

Windowsでしか開発できない言語というのものは、厳密にはありません。
しかし、動作環境の問題でWindowsでの開発を推奨したい言語として、VBAやC#などが挙げられます。

VBAといえば、Excel VBAが有名で、仕事などで触ったことがある方も多いではないでしょうか。
Excelは、Microsoftの表計算ソフトウェアですので、当然Windowsで開発が有利であるはずですよね。

メリットがお互いに違う

MacにはMacの良いところ、WindowsはWindowsの良いところがあります。
そのため、どっちが優れているということを決めつけることはできません。

それぞれのメリットを解説していきます。

Macのメリット

Macの最大のメリットは、なんといってもSwiftでiPhoneアプリの開発ができることではないでしょうか。
日本は、世界に比べてiPhoneの普及率が高く、iOS向けのアプリ開発の需要が高いという特徴があります。

また、ターミナルアプリの存在も大きいです。
Windowsのコマンドプロンプトと違い、ターミナルはシェルで操作できます。

シェルは、Linuxに指示をするためのコマンドです。
Linuxは、プログラマーなら触れる機会が多いため、シェルスクリプトを習得したときにその知識をそのままMacで使えるのは有利であること間違いなしです。

さらに、MacはPCの起動が速かったり、充電の持ちが長かったりと機能面でも優れた部分が多いです。
パッと起動できて、充電の減りを気にすることなく、どこへでも持ち歩いて作業できることは、フリーランスの多いプログラマーにぴったりなのです。

Windowsのメリット

Windowsは、そのユーザー人口が多いことがメリットになります。

OSのうちWindowsが占めるシェアは8割くらいになります。
ほとんどのユーザーが使うOSであることは、互換性の部分で有利であることは明らかです。

開発に必要なファイルをやり取りする際、MacとWindows間でやり取りするより、Windows同士でやり取りする方が圧倒的に楽である場合が多いです。

また、ユーザー数に比例するようにフリーソフトの数も膨大にあることも強みです。

さらに、会社での開発はコスト面からWindowsPCで行われることが多く、普段から慣れているPCで仕事をできるのもメリットでしょう。
HDMIポートなどが標準装備されていることが多いので、PCだけで外部出力することも難なく可能です。


このように、Mac、Windowsそれぞれにメリットがあるため、どちらがプログラミングをする上で優れているということを決めることは難しいです。
「iPhoneアプリを作りたいからMac」というように、明確な理由がある場合以外は、深く悩まず、今使っているPCをそのまま使えばOKです。




スペックの高いPCが必要?

「プログラミングって、たくさんメモリを使うんでしょ?やっぱり高スペックなマシンが必要なのでは?」

こんな疑問を持たれるかもしれません。

しかし、プログラミング初心者なら、いきなりMacのような高スペックPCを持たなくても大丈夫です。
まずは、今お手持ちのPCで大丈夫です。

理由を解説します。

いきなり重い処理を実装することはない

プログラミングを始めたばかりの簡単なソースコードなら、低スペックのPCでも十分動かすことが可能です。

勉強中の段階では複雑な処理を実装することはほとんどなく、動作確認をするのにそう時間はかからないはずです。

例えば、WEB系の開発なら最初はHTML、CSS、JavaScriptで作ったりします。
作ったHTMLを実際にブラウザに表示したり、JavaScriptエンジンを動かすのは低スペックPCでも瞬時にできます。

インターネットサーフィンをしたときに、ものすごい重いWEBサイトに出会うことはあまりないですよね。
ましてや、初心者のうちに作るWEBページなら、なおのこと表示に時間はかからないことがわかると思います。

自分の知識が増え、いろんな処理を連続して動かせるようになり「あれ、重いかな」と思った時に買い換えれば良いです。

挫折することも念のため考慮しておく

あまり考えたくないかもしれませんが、プログラミング学習の途中で挫折したり、仕事として自分に合わない場合もあります。

そうなったときに、高スペックPCがぽつんと残ってしまい金銭的に損してしまいます。

PC自体は、普段の生活の中で使えますし、むしろ快適に今後作業できるので、そこまで深刻なリスクではないです。

しかし、まずは今あるPCでプログラミングを始めてみて、「楽しい、もっと複雑な処理を組んでみたい」や「スペックを良くして効率化したい」といった感情が芽生えたり、自分がプログラマーとして何が作りたいかある程度イメージができるようになってから、それに合うPCを買うことをオススメしたいです。

まとめ

プログラミングをする上で、MacとWindowsのどちらが優れているかは、自分の実現したいことや環境に左右されるため、一概に決めれることではありません。

とりあえずは、今使えるPCでプログラミングに触れてみてください。
そのうち、自分のやりたいことがMacとWindowsのどっちと合っているかわかるようになってきます。

参考になれば幸いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。