電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【デュエルリンクス】フライング寄生害悪デッキを再考察【昆虫族必須化】

【デュエルリンクス】フライング寄生害悪デッキを再考察【昆虫族必須化】
こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスの強スキルの1つであったフライング寄生が修正され、デッキ内に昆虫族モンスターを4種類以上採用しないとスキルが適用されなくなりました。

この縛りに加え、デッキの主力であったアマゾネスの剣士もリミット2に規制されることになり、かなり追い込まれた感のある【害悪】デッキですが、果たして新たな構築は今後どのようになるのでしょうか。

さっそく新環境で構築してみたので、デッキ紹介と昆虫族枠の考察をしていきます。




新【害悪】構築紹介

基本的なコンセプトは、既存のままです。

昆虫族の選択肢はかなり少なく、4種類はなかなかきついですね。

デッキレシピ【害悪】

メインデッキ

害悪デッキのデッキレシピ

デッキのコンセプト上、優先的に入ってくるのが溶岩魔人ラヴァ・ゴーレムとアマゾネスの剣士、マッシブ・ウォリアー、翡翠の蟲笛です。

後は、汎用罠をがっつり採用しております。フレンドリーファイアは対【古代の機械】を意識しています。この手のデッキで必殺の札となり得る、分断の壁も外せないでしょう。

予見通帳は【害悪】系統と相性が良く、面白い1枚です。序盤に引けたらラッキー程度にピン挿しです。

昆虫族については後述します。

EXデッキ

※任意

採用された昆虫族の精鋭たちはこちら

昆虫族をささっと調べてみると、目につくのはクローラーシリーズですね。

とくに、クローラー・スパインとクローラー・アクソンは単体で機能できるので、問題なく採用できそうです。

残りは、ほぼ翻弄するエルフの剣士として運用できるナチュル・ドラゴンフライと、サーチ&壁要員になれる応戦するGで4枠決定しました。

クローラー・スパイン

クローラー・スパイン

人喰い虫の強化版ともいえるカードです。守備力2100は2000ラインのモンスターから突破されないので強いです。

表側表示時に妨害を受けるとクローラーモンスターを2体リクルートできますが、クローラーをそんなに採用できないので実質死んでいる効果です。

ちなみに、クローラーモンスターはすべてレベル2なんで、ジャンク・シンクロンでサルベージできるというのを知っておくといいことあるかもです。

クローラー・アクソン

クローラー・アクソン

こちらは、相手の魔法・罠カードを1枚破壊できるリバースモンスターです。

永続魔法・罠カードを貼って展開してくるデッキが環境にそこそこ多いので、割と使い勝手は良いです。

ナチュル・ドラゴンフライ

ナチュル・ドラゴンフライ

ほぼ翻弄するエルフの剣士として運用できるため、唯一きれいに収まる1枚です。ステータスは落ちてしまいますが、1200〜1400ラインの打点で致命的になるモンスターが環境に存在しないのが救いです(唯一懸念点であるアマゾネス王女はリミットの関係で減少が予想されます)。

溶岩魔人ラヴァ・ゴーレムを完封できる上、環境上位デッキの【青眼】、【真紅眼】にも強く昆虫族の1枠としてオススメのカードです。

応戦するG

応戦するG

リクルート効果を持っているため、雑にセットして使えるため、使いやすいです。

最近はネオス・フュージョンや真紅眼融合など魔法カードで展開するカードも多いため、手札誘発から壁として出してサーチしていく動きができそうです。


割とコンセプトとの相性が良さそうなモンスターにナチュル・バタフライがいますが、【古代の機械】や【トラミッド】を筆頭にバトルフェイズで効果を封殺してくる相手が多いのが懸念点です。

チューナーであることや、墓地肥やしができる点では面白いですね。


以上です。

既存の【害悪】デッキに比べ、構築難易度がかなり上がりましたが、その分考察したりするのは楽しいですよ。

※現在クローラー・アクソンを人喰い虫に変更


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。