電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【Mac】アプリ起動用ショートカットを新規作成・登録させる方法

f:id:fpra1320:20190701020414j:plain
こんにちは、リバです。

Macでは、自分でショートカットコマンドを新規作成・登録することができます。普段よく使うアプリなどを登録すれば瞬時に起動できるので、効率が上がること間違いなしです。

この記事では、任意のアプリを起動させるショートカットコマンドの作成・登録の方法を解説します。




アプリを起動させるショートカットの作成・登録方法

①:Automatorでの作業

まずは、Automatorを起動してください。Launchpadで「Auto」まで入力すれば出るはずです。

"Automator"

「ファイル」→「新規」をクリックします。

f:id:fpra1320:20190701011400p:plain:w650

「クイックアクション」を選び、「選択」をクリックします。

f:id:fpra1320:20190701011921p:plain:w650

左のアクションリストの中から「アプリケーションを起動」をダブルクリックします。↓のように「ワークフローが受け取る項目:入力なし」を選択し、任意のアプリケーションを選択してください。ここでは、サンプルとして「App Store」で作成していきます。

f:id:fpra1320:20190701012622p:plain:w650

ここまでできたら、command + Sで保存しましょう。名前を任意に入力し、「保存」をクリックします。

f:id:fpra1320:20190701013031p:plain:w650

Automatorでの作業は終わりです。次は、システム環境設定でショートカットコマンドの割り当て作業をしていきます。

②:システム環境設定での作業

「システム環境設定」を開き、「キーボード」をクリックします。

f:id:fpra1320:20190701013312p:plain:w650

「ショートカット」タブを選び、リストの中から「サービス」をクリックします。先ほど作成したアクションが追加されているので選択し、「ショートカットを追加」をクリックします。

f:id:fpra1320:20190701013735p:plain:w650

ここでは、command + shift + 1というショートカットコマンドを割り当ててみました。単純すぎるコマンドだと、既存のものと重複するので、注意してください。

f:id:fpra1320:20190701014845p:plain:w650

実際にコマンドを入力すると、起動するので確認してみてください。

f:id:fpra1320:20190701014040p:plain:w650

なお、すでにアプリが起動している場合にショートカットを入力すると、最前面に持ってくるという動きをします。なので、アプリの切り替えも瞬時にできて便利です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


あわせて読みたい

www.denno-times.com