電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【デュエルリンクス】青眼と聖杯は相性が良く強いですよ【粉砕だと鬼強】

【デュエルリンクス】青眼と聖杯は相性が良く強いですよ【粉砕だと鬼強】
こんにちは、リバです。

最近、遊戯王デュエルリンクス では【青眼(ブルーアイズ)】を使う機会が多いです。色々試行錯誤しながらデュエルキングに到達しているのですが、汎用枠として禁じられた聖杯が割と強かったので、紹介します。

今の【青眼】のスタンダードな構築は、汎用枠としてエネミーコントローラー、狡猾な落とし穴は優先的に入っていくのですが、他はけっこう悩みどころですよね。

自分もそこは色々入れ替えていて、スペシャルハリケーン、死者への供物、星遺物を巡る戦い、スキル・プリズナーなどを試してきました。結果的に禁じられた聖杯を入れることに落ち着いた理由を解説していきます。




【青眼】と禁じられた聖杯の相性が良い理由

禁じられた聖杯の使い方は、主に相手のモンスター効果を無効化する場合と自己強化の2つありますよね。

しかし、自己強化は必ずしも全てのモンスターには適用できません。例をあげます。


  • コスモブレインなど、効果でステータスが上がっているモンスター
  • 古代の機械熱核竜、人造人間-サイコ・ショッカーなど、効果で相手のカードの発動を抑制するモンスター

【青眼】と禁じられた聖杯の相性が良い理由は、この「自己強化」にあります。

主力の青眼の白龍を単純にパンプアップできる

【青眼】の主力アタッカーは青眼の白龍ですよね。青眼の白龍を素材に、儀式・融合などを介した強力な効果持ちの派生モンスターではなくて、青眼の白龍そのものです。

単なる通常モンスターであるため、禁じられた聖杯を自己強化するためのカードとしてもすごく運用しやすいというメリットがあります。

他のデッキ、例えば【真紅眼(レッドアイズ)】なんかも、相手のモンスター効果を無効化(主に対象を取らない系)するために禁じられた聖杯を入れますが、主力の真紅眼の黒刃龍に自己パンプアップをすることはほぼないです。というか、効果を無効化するデメリットがやばい。

そして、禁じられた聖杯で攻撃力は400ポイントアップするわけですが、その絶妙な数値が強いです。理由は以下の通りです。


  • ①:粉砕の適用(上級2体)で、クリボールケアしつつワンキルできる
  • ②:ミラーマッチで強い

①:粉砕の適用(上級2体)で、クリボールケアしつつワンキルできる

これが鬼強いです。

【青眼】を回していると、コスモブレイン + 青眼の白龍とかで粉砕を発動し、3700 + 3600みたいな並びになることってよくあると思います。

このとき、相手ガラ空きの場合、青眼の白龍からダイレクトアタックを狙うことでクリボールをケアしつつワンキルできます。なぜなら、ダメージステップで禁じられた聖杯を使って4000にすれば良いからです。

相手的にはクリボールを発動したいのは、攻撃力が100ポイント高く、展開効果も持っているコスモブレインで間違い無いはずです。なので、ほぼ100%青眼の白龍のダイレクトアタック時は発動をスルーしてもらえます。

これはクリボールを2枚以上握られてても同じです。どちらかの攻撃を受けても死なないのであれば、1枚は温存するのが鉄則でしょう。なので、青眼の白龍のときは発動されません。

仮にどっちにも発動されても、2枚のディスカードの後で返しの札があるとは思えません。

2枚並べるのは青眼の白龍×2でもOKです。片方白き霊龍だと、青眼の白龍にクリボール発動されるのでNGです😅

②:ミラーマッチで強い

想定する場面は、こちら青眼の白龍 + 禁じられた聖杯です。

コスモブレイン 、青眼の白龍などを相手が展開してきてもいずれも返り討ちにできますね。コスモブレインなら、相手に使って弱体化も狙えます。

相手のスキルが粉砕の場合でも、上級が横並びしないなら受かります。相手が青眼の白龍単騎なら、攻撃力3300で100ポイントこちらが上回りますし、コスモブレインでも3400となるものの、コスモブレインの効果を無効にすれば2200になるので返り討ちにできますね。

殴りにいく時でも、受ける時でも相手の【青眼】に打点で優位になりやすいため、ミラーマッチで強いのです。




モンスター無効効果も当然有効に使える

主に、禁じられた聖杯で青眼の白龍を自己強化する点について解説しましたが、もちろん相手のモンスター効果を無効する際も有効です。

【青眼】にとって厄介な効果モンスター

アマゾネスの剣士

アマゾネスの剣士

高打点モンスターを並べる【青眼】にとって、ダメージが高くなりがちです。

安全に処理するにはシンクロや汎用除去に頼るしかなく、非常に厄介です。

禁じられた聖杯で効果を無効化すれば、ダメージ反射させずに戦闘で破壊できます。しかも、【青眼】の主力モンスターは高打点モンスターなので、相手に思わぬ戦闘ダメージを与えることにつながります。

コアキメイル・アイス

コアキメイル・アイス

特殊召喚による展開が得意な【青眼】にとっては、場を全滅させられる恐ろしいモンスターです。また、こちらの主力モンスターは破壊耐性を持たない上、コアキメイルの金剛核
の墓地効果を適用されると狡猾な落とし穴等でも妨害できないため、効果をほとんど通されてしまいます。

禁じられた聖杯なら、相手の手札コストとの1:1が交換でき、攻撃力も2300にしかならないので主力モンスターの突破も許しません。

ユベル

ユベル

【ユベル】で展開されるユベル第2形態、第3形態は戦闘破壊耐性があり、突破が困難です。

さらに、第2形態は全体モンスター除去、第3形態は戦闘相手を破壊&バーンという厄介な効果も所持しています。

効果を無効にすれば、戦闘で容易に破壊できるだけでなく、元々の攻撃力が0であるため【青眼】の上級モンスターで殴れば致死量を与えることができます。


他にも、D.D.アサイラントや翻弄するエルフの剣士などを戦闘で難なく突破できるようにしてくれるので、便利さが際立ちます。


いかがでしょうか。

デッキへ投入するメリットが大きいと思いますので、ぜひ試してみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【青眼】の解説記事はこちら

www.denno-times.com