電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【デュエルリンクス】最低限知っておきたい!真紅眼のデッキレシピ3選と対策を紹介!

【デュエルリンクス】最低限知っておきたい!真紅眼のデッキレシピ3選と対策を紹介!
こんにちは、リバです。

真紅眼融合の登場により強化された【真紅眼(レッドアイズ)】ですが、その構築も様々なバリエーションが存在します。
融合素材となる戦士族モンスターのうち、どのカードを採用するかでデッキのコンセプトや方向性が決まってきます。

この記事では、オススメの【真紅眼】のデッキレシピと対策方法について紹介していきます。




真紅眼のデッキレシピ3選

【真紅眼スタン】

メインデッキ

f:id:fpra1320:20190609190047j:plain:w500

EXデッキ

f:id:fpra1320:20190609190222p:plain:w500

デッキ解説

最もオーソドックスな型の【真紅眼】です。

採用される戦士族モンスターには、単体で強力な効果を発揮するD.D.アサイラント、異次元の戦士、アマゾネス女王や、ドラゴン族メタのバスター・ブレイダー、墓地肥やし効果と相性の良いAD チェンジャー、シールド・ウォリアーがよく採用されています。

黒鋼竜やガーディアンの力を採用することで、【真紅眼】の醍醐味である対象無効効果を初動から使えるようにすることができ、制圧力が高くなります。
また、レッドアイズ・インサイトを複数採用して、より確実に真紅眼融合を手札に握れるようにする構築が多いです。

採用されるスキルは、打点を一気に上げることができる粉砕、安定感の上昇と事故回避ができるスリカエなど好みに選択できます。

最近の【真紅眼スタン】では、コンセントレイトが採用されることも多いです。
真紅眼融合による召喚制限のデメリットを補いつつ、ワンキルを狙ったりすることができ、デッキとの相性が非常に良いです。

【真紅眼バスブレ】

メインデッキ

f:id:fpra1320:20190609205657j:plain:w500

EXデッキ

f:id:fpra1320:20190609205733j:plain:w500

デッキ解説

所謂【交換バスブレ】あるいは【交換真紅眼】と言われる構築です。
光と闇の仮面の固有スキル:光と闇の交換によって、黒鋼竜と破壊剣士の伴竜を相互サーチし、局面によって使い分けるという非常に強力なシナジーを持ったデッキです。

最近の環境では、【青眼】、【真紅眼】といったドラゴン族デッキが流行しているので、バスター・ブレイダーを使ったギミックの刺さりは良いです。

死魂融合(ネクロ・フュージョン)を採用して、さらに連続融合できるようにする構築も一考の余地ありです。

【真紅眼ゾネス】

メインデッキ

f:id:fpra1320:20190609190248p:plain:w500

EXデッキ

f:id:fpra1320:20190609190222p:plain:w500

デッキ解説

戦士族モンスターにアマゾネスモンスター群を採用したデッキです。
【アマゾネス】の展開力・戦闘による削りに加え、真紅眼の黒刃龍による制圧力で盤面を支配できるデッキです。

真紅眼融合で任意のアマゾネスモンスターを墓地に落とし、真紅眼の黒刃龍に装備していくことができます。
そのため、アマゾネス王女にアクセスしやすく、アマゾネスの急襲によるビートダウンを行いやすいです。

アマゾネス王女のリクルート効果で手札で腐った真紅眼融合やレッドアイズ・インサイトを有効に捨てていけるシナジーも見逃せません。

デッキを回す際は、魔法・罠カードが競合しやすいので、伏せすぎないように注意しましょう。

他の【真紅眼】デッキと比べカードの回収が楽なので、初心者・微課金勢にもオススメのデッキです。




【真紅眼】対策

【真紅眼】対策に有効なメタカードを紹介していきます。

対策カード

真紅眼融合による展開力と真紅眼の黒刃龍による対象無効が厄介なので、メタカードでうまく立ち回りたいです。

バージェストマ・カナディア

f:id:fpra1320:20181008153321p:plain:w200


効果

通常罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される。

真紅眼の黒刃龍が戦闘を行う前に裏側表示することで、次ターン以降の除去がかなり楽になります。
また、真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモンがデュアル状態になった際に、効果を使われる前に発動し裏側表示にすることで全体破壊を未然に防ぐこともできます。

同じ理由で底なし落とし穴も刺さりやすいです。

分断の壁

f:id:fpra1320:20181231181757p:plain:w200


効果

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの全ての攻撃表示モンスターの攻撃力は、
相手フィールドのモンスターの数×800ダウンする。

【真紅眼】は、コズミック・サイクロンなどを使わない限り、基本的にバック干渉できないデッキなので、分断の壁などの対象を取らない攻撃反応罠が刺さります。

コンバットトリックが成功したときに、装備した戦士族モンスターが展開される点には注意しましょう。

最近の環境では、【ネオス】・【青眼】といった様々なデッキに刺さりやすいです。

波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

f:id:fpra1320:20181104164746p:plain:w200


効果

通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

分断の壁と同様の理由で、【真紅眼】へのメタカードとして機能します。

発動条件がやや厳しいですが、分断の壁と違い破壊することなくバウンスするので、戦士族モンスターの後続展開を許さない点が優れています。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。