電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【デュエルリンクス】青眼(ブルーアイズ)でデュエルキング【ランク戦2019.May】

【デュエルリンクス】青眼でデュエルキング【ランク戦2019.May】
こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2019.Mayでデュエルキングに到達しました。



使用したデッキの紹介や現環境について、解説していこうと思います。




使用デッキ解説

ランク戦2019.Aprでは、【青眼】を使用しました。

ぶっちゃけ他のデッキを調整して遊んでいたのですが、キングに届かなそうだったので、甘えて【青眼】を使った感じです...
反省😭

デッキレシピ【青眼】

メインデッキ

f:id:fpra1320:20190520223412p:plain:w500

EXデッキ

f:id:fpra1320:20190520223431p:plain:w500

デッキコンセプト・構築の経緯

特に他のプレイヤーの使う【青眼】と大差ない構築ですが、個人的なポイントが2つあります。

ポイント①:デッキ枚数を20枚に抑えた

【青眼】において、初手に青眼の白龍および白き霊龍のダブりなどを防止するために、デッキ枚数を20枚より少し多くした構築にするというものがあります。

太古の白石、曙光の騎士の初動において最も弱いのは、初手で白き霊龍を引き切ってしまうことなので、理にかなった処置です。

そんな中、自分の選んだ選択肢は20枚ぴったりの構築でした。
特段珍しいことではありませんが、理由は以下の通りです。


  • スナイプ・ストーカーのダブりが弱く感じたため、ピン挿しにしつつ、ドローできる確率を最大値にしたかったため
  • ライトロード・ハンター ライコウの墓地肥やしでの上振れを期待したいため
  • サーチできないコスモブレインの引き込み安定化のため

主にこの3つです。

特にスナイプ・ストーカーのダブりが深刻だったので、20枚ピン挿しで組むこと不可避でした。
結局、台頭していた【真紅眼】にスナイプ・ストーカーが弱かったので、最良の選択になった感じですね。

ポイント②:ライトロード・ハンター ライコウの採用

当初の構築は曙光の騎士2枚でしたが、環境に増えていた【アマゾネス】系統のデッキや、【真紅眼】台頭で採用率の上がっていたバスター・ブレイダー、D.D.アサイラントへの対抗策として除去札が必要になったのでライトロード・ハンター ライコウと1枚差し替えました。

除去だけでなく、墓地肥やしで太古の白石が落ちるとアドバンテージを稼げたので強かったです。
太古2枚落ちた時はごめんなさいですね。

ライトロード・ハンター ライコウはかなり推しメンなので、ぜひ使ってあげてください。

構築:補足

スキルは、墓所封印が最適解です。

【交換魔導】がちらほらいたり、ミラーマッチや【ネオス】相手に強くさすがでした。
粉砕による瞬間火力が欲しい場面がなかったので、今後も何もなければ墓所っていこうと思います!

あと、銀龍の轟咆が個人的にめちゃ好きなカードなんですが、今回は2枚に抑えました。
太古の白石の墓地回収と蘇生がアンチシナジーだったので、仕方なかったですね。

デッキ戦績

環境外デッキを使い続けましたがレジェンド2で挫折し、そこから【青眼】を使い始めました。

使ってからいきなり9連勝でレジェンド3に上がりつつ、キング昇格戦を迎えるも敗戦し、そこから3連勝 → 2連敗 → 5連勝でキングです。
負けも【バスター・ブレイダー】や上振れ【天使パーミッション】だったので、構築自体はかなり強かったかなと思います。




採用カード解説

カードの採用理由を詳しく解説します。

クリボール

クリボールのゲーム画像


効果とステータス

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その攻撃モンスターを守備表示にする。
(2):儀式召喚を行う場合、必要なレベル分のモンスターの内の1体として、
墓地のこのカードを除外できる。

伏せないのが強い防御札です。
こちらの太古の白石、曙光の騎士、ライトロード・ハンター ライコウに伏せなしでターンを返すことで、横展開を誘いやすいです。
横展開させてクリボールで致命傷を守り、白き霊龍着地から次のターンで盤面を全部返すのが強いデッキだと思いました。
コスモブレインを握っているときは、意識してそれを狙っていました。

対【古代】では、ただのリリースコストか壁(貫通があるので怪しい)にしか使えないのが唯一の難点です。

エネミーコントローラー

エネミーコントローラーのゲーム画像


効果

速攻魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。
●自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

元々は狡猾の落とし穴の2枚目でしたが、ライトロード・ハンター ライコウの墓地肥やしで腐る可能性があったので、1枚差し替えました。

デッキ的シナジーはけっこうあって、パクってコスモブレインで相手のモンスターをリリースする動きは最強です。
下級モンスターが軒並みリリースコストにしやすい点もGOODです。

このカードによるトップ解決もあったりして、やはりデュエルリンクスでは必殺の一枚ですね。

狡猾な落とし穴

狡猾な落とし穴のゲーム画像


効果

通常罠
(1):自分の墓地に罠カードが存在しない場合、
フィールドのモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

正直2枚採用したかったです。
自分の太古の白石、曙光の騎士を巻き込める点で相性も良いです。

墓所封印と合わせて相手のE・HERO ブレイヴ・ネオスを割ったりでき、強かったです。

ライトロード・ハンター ライコウか狡猾な落とし穴の2枚目を取るかは個人的に今一番悩ましい部分です。


来期ランク戦は、環境外を使いたいなと思いつつ、たぶん【真紅眼】あたり回すと思います!()
意見・質問など、ブログ・Twitterで随時受け付けております!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ランク戦2019.Aprの記録はこちら

www.denno-times.com