電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【意外!?】こんな特徴の人には、プログラマーをオススメします

【意外!?】こんな特徴の人には、プログラマーをオススメします
こんにちは、リバです。

この記事では、僕がプログラマーという職業をオススメする人の特徴について、意外な観点から紹介します。

一般に、世間でプログラマーに向いている人とよく紹介されるのは、以下のような特徴がある人ではないでしょうか。


  • 数学的思考能力に優れた人
  • もの作りが好きな人
  • 進んで勉強ができる人

たしかに、このような項目に当てはまる人は、向いているのかなと思います。
※ちなみに、個人の能力的な優劣ではプログラマーの適正は測れません。

プログラマーの適正について、こちらの記事で解説しています

www.denno-times.com


僕は、実際にプログラマーとして働く過程で、色々な人を見てきました。
その中で、「実はこんな人はプログラマーを職業にすべきだな」と個人的に思ったことがあるので、紹介します。




こんな特徴の人には、プログラマーをオススメします

f:id:fpra1320:20190331004219j:plain:w650

プログラマーという職業は、特殊な能力を必要とする仕事ではないです。
誰にでも、その扉は常に開かれています。

これから紹介する特徴は、能力的な部分というより性格・身体の特徴によるものです。

意外だと思われるかもしれませんが、当てはまったらプログラマーをご検討ください笑

朝が弱い人

朝が弱い人には、圧倒的に推せます。
もはやプログラマー不可避ですね。

理由は以下の3つです。


  • 現場が始業にルーズ
  • フレックス制度を取り入れた会社が多い
  • 在宅でリモート勤務したり、フリーランスになれる

詳しく解説します。

現場が始業にルーズ

始業後、組織として何時からこれやって、あれやってという仕事が基本的にないからです。
自分に振られた仕事は、期限こそありますが、期限に間に合えばその過程のスケジュールは自分で決めたりできます。

なので、朝に打ち合わせや会議などがない限り、始業時刻を超えての出社でもなにも言われません。
大幅に遅れる場合は連絡しないとですが。

僕は始業時間を常に5〜10分遅れくらいで出社します。
起きれないので、無理ですね。
あ、仕事はちゃんと終わらせてますよ🙃

ちなみに、僕の現場では、始業後みんなコンビニにいったり、自由に行動してます。
朝にバタバタしたりする雰囲気が皆無ですね。

フレックス制度を取り入れた会社が多い

プログラマーの求人をみたりすると、フレックス制度を取り入れた会社が割とあることに気がつくと思います。

日本ではフレックス制度のある会社はめちゃ少ないです。
それはIT企業でもいえることです。

しかし、フレックス制度を取り入れている企業の中で、IT企業の割合は多い方なのです。

また、一般的な9:00出社17:30退社ではなくて、出社・退社時刻を1時間ずらした勤務時間を採用している会社も多いです。
朝が弱い人にはうれしいですよね。

在宅でリモート勤務したり、フリーランスになれる

会社には属しているものの、出社せずに自宅でリモートワークをする。
あるいは、独立してフリーランスとして仕事をする。

プログラマーなら、このような柔軟なワークライフを構築できます。
自宅で仕事をするということは、それだけ朝に余裕を持てるわけですから、朝が弱い人にはぴったりですね。

実際にリモートワークしたり、フリーランスになるのは簡単ではありません。
1人の空間で仕事ができるということは、仕事を把握する力や個人の技術が伴っていなければ成り立ちません。

しかし、業務知識や技術というものは、自分の努力次第で伸ばすことができます。

このようなワークライフを選択肢に持てるというのは、他の業種ではそもそも難しい部分があるので、それを考慮できるというのは素晴らしいことです。

面倒くさがりな人

例えば、Excelで作業するとき、データの件数が少なければ愚直に1件ずつ打ち込めばOKですが、それが数万件だったらどうしますか?
コピペやオートフィルを駆使しても、日が暮れてしまいますね。

そういうときは、関数使ったり、マクロを作成して処理させます。
だって愚直にやるのは面倒ですもの。

プログラマーは、面倒なことがとにかく嫌いです。
その場でササっと関数やマクロが組めなくても、検索したりして、愚直にやるよりは早く終わらせようとします。

そうです。
大事なのは、効率よくやる方法を知っていることではなくて、自分で調べたり、聞いたりして少しでも効率化する姿勢です。

面倒くさがりな人は、自然とそういうアクションが起こせるのでプログラマーに向いていますね。

お腹が弱い人

お腹が弱くてトイレが近い人って、けっこういると思います。

仕事によっては、苦労することも多いでしょう。
特に接客などの対人が重視される仕事は、拘束時間も長く、なかなかトイレに行くタイミングがないですよね。

プログラマーは、離席しやすい仕事なので、お腹が弱い人には良い職業です。
喉が渇いたら買いに行けますし、疲れたらリフレッシュしに外に出れますし、トイレに行きたくなったらトイレに行けます。

基本的に、自分の仕事を決められた期限までに終われさえすれば、その過程はなにも言われません。

業務時間内で自由がある感じは、精神的にも楽なので、もしかしたらお腹が弱い体質が少し改善されるかもですね。




自分の性格・体質にあった仕事をしましょう

f:id:fpra1320:20190331004558j:plain:w650

人間はみな個性があります。
自分の性格や、体質に合った仕事がきっとあるので、無理しないで自分に合った仕事をしましょう。

精神論は論外です

例えば、朝に弱いというのは甘えではないです。
朝型の人、夜型の人がいるのは事実ですので、夜型の人が無理して朝早くから出勤しても効率が下がるだけです。

朝型、夜型というのは、生物時計の違い、遺伝によって決められているそうです。


「朝が苦手」は遺伝かも…無理な早起きは事故やうつ、心疾患のリスク 夜型の人に理解を!
「朝型夜型傾向は、人口の中で正規分布することが分かっています。私たちが行った調査では、夜型傾向の人は成人の約30%、特に強い夜型傾向の人は8%ほどいました。一方、朝型傾向の人も成人の約30%、特に強い朝型傾向の人は6%ほどいました。このような睡眠習慣の違いが生じる脳内メカニズムには、生物時計(体内時計)の時を刻むスピードが深く関わっていることが明らかになっています。」


出典:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180717-OYTET50020/



こういった事実があるにも関わらず、「朝に起きれないのは、精神が弱いからだ」と、まだまだ言われてしまう傾向にあります。

個人の性質の差で苦労することがある時は、「自分の性質が職業に合わないのでなく、職業の性質が自分に合わない」のだと考えましょう。

リクナビNEXTや、DODAなどで検索するとよくわかりますが、日本にはものすごい数の会社や職業がありますよね。

現在勤めている会社、職業だけに固執する必要はないです。

自分に向いている仕事というのは、能力が優れているというだけではありません。
性格や、体質といった特徴に合った仕事というのも、向いてる仕事であるということを忘れないでください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。