電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【遊戯王デュエルリンクス】バスター・ブレイダーのデッキレシピ・回し方と対策カード【完全解説!】

【遊戯王デュエルリンクス】バスター・ブレイダーのデッキレシピ・回し方と対策カード【完全解説!】
この記事では、遊戯王デュエルリンクスにおける環境上位デッキ【バスター・ブレイダー】について解説します。

【バスター・ブレイダー】は、主力であるバスター・ブレイダーを破壊剣士の伴竜のサポートによって展開し、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーとDNA改造手術を用いたロックで盤面を制圧するデッキです。
DNA改造手術による種族変更は、【沈黙魔導】を筆頭とした特定の環境デッキに対して無類の強さを発揮するメタカードとしての側面だけではなく、破壊剣士融合の素材を確保するという戦術的シナジーも併せ持ちます。

ドラゴン族モンスターを採用したデッキや種族参照を行うデッキに対して無類の強さを誇るため、環境に対して強烈なメタゲームを仕掛けられるデッキの一つです。

この記事では、【バスター・ブレイダー】のデッキのレシピや回し方・カード解説、さらには対策カード、【バスター・ブレイダー】に有利なデッキの紹介まで記載していますので、必要に応じて読み進めていってください。


スポンサーリンク



デッキレシピ紹介

【ラスギャン型バスター・ブレイダー】

メインデッキ

ラスト・ギャンブル型バスター・ブレイダーのデッキレシピ

EX(エクストラ)デッキ

バスター・ブレイダーのエクストラデッキ

デッキの回し方

城之内の独自スキル:ラスト・ギャンブルを採用し、キーカードを引き込むことを目的とした構築になっています。
ハネクリボー、クリボー、クリボーを呼ぶ笛をデッキのギミックに搭載することによって、ラスト・ギャンブルの発動条件までターンを稼いだり、環境のトップメタである【コアキメイル】への優位性を高めています。

ラスト・ギャンブルのコストには、クリボーカードのほか、破壊剣士の伴竜から蘇生できるバスター・ブレイダー、墓地から自主回収できる効果を持つ破壊剣士融合を捨てればよいため、スキルの発動自体も容易です。

まずは、デッキのメインエンジンである破壊剣士の伴竜を、クリッターやラスト・ギャンブルで手札へ加えることを目指します。
クリッターは、破壊剣士の伴竜だけでなく、融合呪印生物-闇をサーチすることも可能で、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーへのアクセスルートを多様化してくれています。

DNA改造手術で場のモンスターをドラゴン族に変更し、破壊剣士融合で相手のモンスターを素材にして竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーを展開し、モンスター効果を無効化しつつ打点を上げてデュエルを終わらせましょう。

サーチカードが豊富であることから、通常ドローやラスト・ギャンブルによってDNA改造手術を引き込みやすく、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーとのコンボによるロック展開へ持ち込みやすくなっています。

デッキのコンセプトを通しやすくするために、局所的ハリケーンなどの採用も検討されます。

カード解説

破壊剣士の伴竜

破壊剣士の伴竜のゲーム画像

効果とステータス

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 400/守 300
「破壊剣士の伴竜」の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「破壊剣士の伴竜」以外の「破壊剣」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「バスター・ブレイダー」1体を選んで特殊召喚する。
(3):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「バスター・ブレイダー」が存在する場合、
手札から「破壊剣」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

デッキから破壊剣士融合をサーチしたり、バスター・ブレイダーの召喚を補助したり、自身が竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーの融合素材にもなれるため、最重要なキーカードです。
墓地から自身を蘇生する効果も持っており、破壊剣士の伴竜がチューナーであることから、スターダスト・ドラゴンなどをシンクロ召喚することへ活用したりできます。

破壊剣士融合をサーチし、そのままラスト・ギャンブルのコストにしてすぐ墓地から回収 → 融合という動きが強力です。

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーのゲーム画像

効果とステータス

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2500
「バスター・ブレイダー」+ドラゴン族モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは直接攻撃できない。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、
相手のフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×1000アップする。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのドラゴン族モンスターは守備表示になり、
相手はドラゴン族モンスターの効果を発動できない。
(4):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

直接攻撃できないデメリットがあるものの、対ドラゴン族モンスターに対して高い制圧力を発揮できるモンスターです。
その制圧力をすべての相手モンスターへ適用させることを可能にするDNA改造手術と合わせることで、凶悪なカードへ変貌します。

DNA改造手術でドラゴン族モンスターを指定することで、相手の場に表側表示モンスターが存在すれば最低でも攻撃力は3800となり、高い貫通ダメージを相手へ与えることができます。

DNA改造手術

DNA改造手術のゲーム画像

効果

永続罠
種族を1つ宣言して発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターは宣言した種族になる。

ドラゴン族を指定することで、破壊剣士融合の素材として相手モンスターを除去したり、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーの効果によるロックを成立させることができます。
デッキのサポートカードでありながら、【沈黙魔導】などの種族を参照することでカードを発動していくデッキに対して、有利にデュエルを進めることも可能にしてくれます。

相手にとっては、破壊剣士融合と合わせて最も厄介なカードであり、積極的にバック除去を試みてきます。
そのため、クリボーを呼ぶ笛が除去の対象にされる機会が増えて、思わぬアドバンテージを獲得できるという利点がこの構築にはあります。

【バスター・ブレイダー】対策を紹介!

【バスター・ブレイダー】を相手にするときには、DNA改造手術からの融合、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーによる効果無効、強制守備表によるロックが厄介です。
ロックの解除には、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーを直接除去するか、DNA改造手術を除去することが鍵になります。

対策カード

【バスター・ブレイダー】デッキに対するメタカードとして、2枚のカードをピックアップしました。

対策カードその1 コズミック・サイクロン

コズミック・サイクロンのゲーム画像

効果

速攻魔法
(1):1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

DNA改造手術をピンポイントで除去することができるカードです。
魔導戦士 ブレイカー、ギャラクシー・サイクロンなどの場合、スペルスピード1であることからDNA改造手術の発動を見てからチェーンして発動することができず、破壊剣士融合やクリボーを呼ぶ笛を選択してしまいディスアドバンテージとなる可能性があります。

DNA改造手術と破壊剣士融合を合わせて発動してきた際に、チェーンしてコズミック・サイクロンを発動してDNA改造手術を除去することで、自身のモンスターの除去を防ぎつつ、相手が融合素材を所持していない場合には融合自体を不発にできます。

砂塵の大竜巻も同様の使い方をすることができます。
コストがない反面、罠であることから引いたターンに使えないデメリットがあるため、うまく使い分けたいです。

対策カードその2 波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

波紋のバリア -ウェーブ・フォース-のゲーム画像

効果

通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーは直接攻撃をすることができないため、モンスターを出さないプレイングをすることで戦闘ダメージを受けないようにできます。
その際、バスター・ブレイダーなどを出して直接攻撃を狙ってきますが、その思惑を利用して一気に相手のモンスターを除去することができます。

対策カードその他

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーは、魔法・罠に対して耐性がないため、直接除去するカードなどが有効です。

・死者への供物
・猪突猛進
・狡猾な落とし穴
・万能地雷グレイモヤ
・炸裂装甲
など

また、バージェストマ・カナディアで裏側表示にして効果を無効化するのも手です。

【バスター・ブレイダー】に有利に立ち回れるデッキ

【バスター・ブレイダー】に有利に立ち回れるデッキを3つ紹介します。

有利なデッキその1 【沈黙の剣士】

沈黙の剣士-サイレント・ソードマン沈黙の剣

沈黙の剣士-サイレント・ソードマンを展開することで、相手の破壊剣士融合を封じることを可能にします。
また、沈黙の剣によって、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーとDNA改造手術によるロックを抜け出しながら、そのまま竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーを戦闘破壊することもできます。

あわせて読みたい

www.denno-times.com

有利なデッキその2 【下級デュアル】

ダーク・ヴァルキリアのゲーム画像デュアルスパークのゲーム画像

モンスターへ干渉する魔法・罠カードが多く採用されているだけでなく、万能除去カードのデュアルスパークもあるため、場の解決力が高いことから有利にデュエルを進めることが可能です。

有利なデッキその3 【ワイルドマンビート】

E・HEROワイルドマンのゲーム画像魔導師の力のゲーム画像

DNA改造手術の効果を受けないため、モンスターをロックされたり、融合素材にされる心配が少ないです。
装備カードを使い、竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーの攻撃力を上回せることも容易です。

まとめ

遊戯王デュエルリンクスにおける環境トップデッキの一角である【バスター・ブレイダー】を紹介しました。

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーとDNA改造手術によるロックと、相手モンスターを融合素材にしてしまうという独特な特徴を持つデッキです。
環境をメタゲームに与える影響が高いことから、このデッキの優位性は環境の流行によっても変動することを覚えておきましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。