電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【遊戯王デュエルリンクス】コアキメイルのデッキレシピ・回し方と対策カード【完全解説!】

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20190106173205p:plain
この記事では、遊戯王デュエルリンクスにおける環境上位デッキである【コアキメイル】について解説します。

【コアキメイル】は、REVOLUTION BEGINNING(レボリューション・ビギニング)にSRカードで収録されたコアキメイルの金剛核の登場によって、大幅に強化されたテーマです。

コアキメイルの金剛核のサーチ先になるカードには、展開要員のコアキメイル・ウルナイト、強力な除去効果を持っているコアキメイル・マキシマムや各種コストになるコアキメイルの鋼核があり、手札の状況に応じてサーチすることができます。
また、コアキメイルの金剛核は、墓地から除外することで、コアキメイルに破壊耐性を付与することができ、自壊のデメリットを解消してくれます。

デッキの展開力や、ワンキル能力などが高く、環境TOPデッキの一角を担うデッキとなっています。

そんな【コアキメイル】のデッキのレシピ回し方・カード解説、さらには対策カード、コアキメイルに有利なデッキの紹介まで取り扱っていますので、必要に応じて読み進めていってください。


スポンサーリンク



デッキレシピ紹介

【バランスコアキメイル】

メインデッキ

f:id:fpra1320:20190104182555p:plain:w500

EX(エクストラ)デッキ

※任意

デッキの回し方

スキル:バランスにより、初期手札に高確率でコアキメイルの金剛核を引き込むことが可能です。
魔法カードがコアキメイルの金剛核とコアキメイルの剛核のみなので、初期手札にコアキメイルの剛核を必ず握っているという状況になっています。

コアキメイルの金剛核で、手札の状況に応じてカードをサーチし、コアキメイルを展開していきましょう。

コアキメイルの金剛核の墓地効果は、狡猾の落とし穴や死者への供物、煉獄の落とし穴といったカードによる妨害を防ぐために、モンスター展開前に発動しておきましょう。

コアキメイル・ウルナイトの効果で、状況に応じて下級コアキメイルを呼び出してビートダウンしていきます。
コアキメイル・マキシマムを出すことができる手札の場合、一気に相手にたたみかけることができます。

【根性コアキメイル】

メインデッキ

f:id:fpra1320:20190106173632j:plain:w500

EX(エクストラ)デッキ

※任意

デッキの回し方

スキル:根性による通常ドローの機会増加により、手札にパーツを揃えることで、ワンキルを狙う構築です。

局所的ハリケーン、レグルスパワーで相手の伏せを除去してからコアキメイルを展開していきましょう。
ワンキルに特化しているため、コアキメイル・マキシマムをサーチできるドラゴン・目覚の旋律が採用されています。

カード解説

コアキメイル・ウルナイト

f:id:fpra1320:20190106163751j:plain:w250

効果とステータス

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守1500
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の獣戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずこのカードを破壊する。
1ターンに1度、手札の「コアキメイルの鋼核」1枚を相手に見せる事で、
デッキから「コアキメイル・ウルナイト」以外のレベル4以下の
「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

コアキメイルの金剛核のサーチ先として、優先順位の高いカードです。
デッキから場面に応じてコアキメイルモンスターを呼び出すことが可能です。

コアキメイル・マキシマム

f:id:fpra1320:20190106163806j:plain:w250

効果とステータス

効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の手札から「コアキメイルの鋼核」1枚をゲームから除外した場合に特殊召喚する事ができる。
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚か「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する事ができる。

相手の場のカード1枚をなんでも破壊できる強力な切り札カードです。
召喚するには、手札のコアキメイルの鋼核を除外しなければいけないので、勝負どころで出していきましょう。

コアキメイルの鋼核

f:id:fpra1320:20190106163820j:plain:w250

効果

通常魔法
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、
墓地のこのカードを手札に加える事ができる。
また、自分のドローフェイズ時に
手札から「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事で、
墓地のこのカードを手札に加える。

特に自身で何か仕事をするカードではありませんが、デッキに欠かせないカードです。
ドローの代わりに墓地から回収できる効果を持っているため、デッキ切れ防止に役立ちます。

【コアキメイル】に有効な対策カードを紹介!

【コアキメイル】デッキに対するメタカードとして、3枚のカードをピックアップしました。

対策カードその1 クリボール

f:id:fpra1320:20181119015706j:plain:w250

効果とステータス

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その攻撃モンスターを守備表示にする。
(2):儀式召喚を行う場合、必要なレベル分のモンスターの内の1体として、
墓地のこのカードを除外できる。

手札から発動できるので、コアキメイル・マキシマムの除去や、コアキメイル・サンドマンによる罠無効を受けずに攻撃を封じることが可能です。

【コアキメイル】は、ワンキル性能には優れていますが、自壊効果を持つことから持久戦には弱いという特徴を持っています。
特に、コアキメイル・マキシマムを展開している場合、手札のコアキメイルの剛核が枯渇している状況であるといえるため、その場しのぎでも【コアキメイル】にとっては痛手になります。

また、手札発動であるクリボールは読まれづらいため、無警戒の相手がフル展開してきた場合、次ターン以降一気に有利になる展開を期待することができます。

【コアキメイル】のほか、【ドラグニティ】などの場のカードに干渉しつつワンキルを狙ってくるデッキに対しても有効です。

対策カードその2 カオスハンター

f:id:fpra1320:20190105220857p:plain:w250

効果とステータス

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2500/守1600
(1):相手がモンスターの特殊召喚に成功した時、
このカード以外の手札を1枚捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はカードを除外できない。

コアキメイルの金剛核による破壊耐性効果や、コアキメイル・マキシマムの自己特殊召喚といった、除外を利用するカードの対策として機能します。

出すタイミングとしては、コアキメイル・ウルナイトの効果でデッキからコアキメイル・サンドマンが特殊召喚されたタイミングが適切でしょう。
打点でも上回りつつ、コアキメイル・マキシマムの召喚も抑制することができます。

ただし、後出しでは間に合わないところと、コアキメイル・アイスによって容易に除去されてしまうところには注意が必要です。

汎用性が高いカードとはけっしていえませんが、【魔導】にも良く刺さりますし、打点の関係上【ジャンク・シンクロン】にも積極的に出していけるカードです。

対策カードその3 パルス・ボム

f:id:fpra1320:20190105220839p:plain:w250

効果

通常罠
(1):自分フィールドに機械族モンスターが存在する場合に発動できる。
相手フィールドに攻撃表示モンスターが存在する場合、
そのモンスターを全て守備表示にする。
ターン終了時まで、相手フィールドにモンスターが召喚・特殊召喚された場合、
そのモンスターは守備表示になる。

機械族がメインの【カラクリ】などのデッキでしか採用することができませんが、【コアキメイル】対策としては優秀です。
相手がコアキメイルの金剛核の墓地効果を起動して、コアキメイル・ウルナイトから展開しようとしてきたタイミングで発動するのが望ましいです。

【コアキメイル】に有利に立ち回れるデッキ

有利なデッキその1 【沈黙魔導】

f:id:fpra1320:20181104165250p:plain:w250f:id:fpra1320:20181028015453j:plain:w250

【コアキメイル】のエンジンとして重要なコアキメイルの金剛核の発動を、沈黙の魔術師-サイレント・マジシャンは無効にすることができます。
沈黙の魔術師-サイレント・マジシャンが破壊されても、コアキメイル・マキシマムを上回る攻撃力を持ったサイレント・マジシャン LV8を出すことができるため、力負けもしません。

また、コアキメイルの金剛核の破壊耐性を関係なしに除外してしまう、ゲーテの魔導書の存在も大きいです。

コアキメイル・ウォールが厄介ではありますが、魔法カードを豊富に採用しているので、ブラフを発動してうまくリリースに追いやるプレイングが可能です。

有利なデッキその2 【ユベル】

f:id:fpra1320:20190106145214p:plain:w250f:id:fpra1320:20181028015630j:plain:w250

ビートダウンと効果破壊で場を制圧する【コアキメイル】にとって、破壊をトリガーに次々と上級モンスターが出てくる【ユベル】は厄介なデッキといえるでしょう。
コアキメイルの金剛核は、自分のターンのみであるため、次のターンのユベル第二形態、第三形態のモンスター破壊効果を防ぐことはできません。

また、手札誘発のクリボー、クリボールを駆使できるため、消耗戦に強いです。

【コアキメイル】としては、コアキメイル・アイスとコアキメイル・マキシマムによる破壊効果の連続発動によって、勝機を見出したいです。

あわせて読みたい

www.denno-times.com

まとめ

遊戯王デュエルリンクスにおける環境トップデッキ【コアキメイル】を紹介しました。

展開力や場の解決能力の高さから、もっともシェアの多いデッキの1つといえるでしょう。
コアキメイルモンスターには、多様な効果を持ったモンスターが存在し、デッキのカスタマイズ性が高いので、自分にあった構築に仕上げてみてください。

また、対策必須のデッキなので、メタカードをしっかり採用して、一方的に負けないようにしたいものですね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。