電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【遊戯王デュエルリンクス】バージェストマ・カナディアの効果と使い方【完全解説】

f:id:fpra1320:20181219004256j:plain
この記事では、遊戯王デュエルリンクスにおいて高い採用率を誇るバージェストマ・カナディアについて解説していきます。

特徴や使い方を覚えて、デッキ構築や実際のデュエルで役立ててくださったら幸いです。


スポンサーリンク



カードの性能を確認

f:id:fpra1320:20181008153321p:plain:w250

カードの効果

通常罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される。

言わずと知れた汎用カードの代表格ですね。

とにかく使い勝手がよく、どんなデッキに入れても活躍を見込めるカードで、2〜3枚揃えたいです。

狡猾の落とし穴を採用していて他の罠カードを採用しづらい等の理由がない限り、高い優先順位で採用されていくカードです。

使い方

裏側表示にする効果は、発動するだけではアドバンテージを稼ぐことができませんが、単純なようで非常に使い勝手が良い効果です。
また、墓地から自己蘇生する効果も持ち合わせており、様々な使い方をすることができます。

戦闘を優位にする

相手モンスターの攻撃時に発動することで、自分モンスターを戦闘破壊から守ることができます。
あるいは、自分モンスターの攻撃時に発動することで、守備力が低い相手モンスターを戦闘破壊するという使い方が可能です。

また、効果によってステータスを上昇させるモンスターの上昇値をリセットさせることができます。
代表的なモンスターとして魔導戦士 ブレイカーやダーク・ヴァルキリアなどが挙げられます。

カウンターは、裏側表示になると取り除かれますし、デュアルモンスターは裏側表時になると再召喚状態が解除されますので、覚えておきましょう。

モンスター効果の発動を防ぐ

相手モンスターの起動効果や永続効果を防ぐことができます。
最近のデュエルリンクスでは、強力な起動効果を持ったモンスターが増えており、このカードの採用率が高くなるのも頷けます。

モンスター効果を防ぐ際に、注意しなければいけない点が3つあります。

①召喚時に発動するモンスター効果を防ぐことはできません。
②召喚・特殊召喚したターンのモンスターに発動するようにしましょう(前のターンに場に出たモンスターは反転召喚できるため)。
③起動効果を防ぎたい場合は、召喚成功時に発動しましょう(発動にチェーンしても効果は無効化できないため)。

シンクロ召喚を妨害する

シンクロ召喚を行うには、チューナーと非チューナーモンスターが表側表示で存在する必要があります。
相手がチューナーを含むモンスターを2対以上並べてきた際には、どちらかを裏側表示にすることでシンクロ召喚を妨害することができます。

ここで一つプレイング指南をしておきます。
そもそも、シンクロ召喚をするというのは、2体のモンスターをコストにして1体のモンスターを出すので、単純に考えればアドバンテージを損失する行為なのです。
その分、シンクロモンスターは強力な効果やステータスを有しているというバランス調整がされています(そのため、モンスター1体でシンクロ召喚が可能なジャンク・シンクロンなどが強力であることがわかりますね)。

つまり、シンクロ召喚を防ぐために闇雲に発動するのではなく、シンクロ召喚先のモンスターを予想し、そのカードによって生じるこちらのディスアドバンテージまで考慮した上で、発動するかどうか決めた方が良いです。
あえてシンクロさせて、そのカードに対してバージェストマ・カナディアを打って対処するという選択肢があることも忘れてはいけません。


スポンサーリンク



自己蘇生効果の使い方

バージェストマ系カードの共通効果として、自己蘇生があります。
発動するだけでボードアドバンテージを獲得できる強力な効果となっています。

蘇生時は攻撃力わずか1200ですが、侮ることなかれです。

4000ライフのデュエルリンクスでは、1200ポイントダメージが入れば、残りは上級モンスターで一回殴れば即ゲーム終了にすることができるのです。
つまり、致死圏内に押し込むことができるということです。

メジャーなところでは、M・HERO 闇鬼との2800(1400×2)+1200が思い当たりますね。
他にもコスモブレインや青眼の白龍などがいます。
そういうカードと組み合わせた場合、相手が自己蘇生したバージェストマの攻撃に対して、防御札のリソースを使わざるを得ない状況が出てくるというのがミソです。

自己蘇生後は、リリース要員やシンクロ素材としても優秀です。
このカードを自己蘇生している時点で何らかの等価交換が生じている(相手の伏せ除去との1:1交換、相手モンスターの戦闘や効果によって生じる損失を防いだことによる1:1交換など)ので、コストとして消費してもアドバンテージを失いません。

相手に使われる際の対策

フリーチェーンであるため、伏せ読みが難しいです。
このカードが伏せてあると、自分フィールド上に表側表示のモンスターが存在する場合にタイムラグが発生するので、その場合は伏せてある可能性を考慮しましょう。

破壊した後は、墓地から自己蘇生されることを考慮したプレイングを心掛けることも大切です。

まとめ

汎用カードのバージェストマ・カナディアを解説させていただきました。
とても強力なカードで、普段から使う機会の多いカードですが、その使用方法も実に奥深いものなのです。

正しい使い方を覚えて、ランク戦などでさらに活躍させてみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。