電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

【遊戯王デュエルリンクス】アルマデス + ジャンクロン構築が強い!

f:id:fpra1320:20181210231907p:plain
遊戯王デュエルリンクスの第16弾MINIBOX「シークレット・オブ・ザ・エンシェント」にて幻層の守護者アルマデスとジャンク・シンクロンが収録されました。

守護者アルマデスは、素材縛りのないレベル5のシンクロモンスターで、このカードの戦闘中に相手の魔法・罠・モンスターの効果を封じる効果を持っています。

一方ジャンク・シンクロンは、レベル3のチューナーモンスターで、召喚時に自分の墓地からレベル2以下のモンスターを蘇生する効果を持つため、即レベル5シンクロモンスターを出すことができるカードです。

この2枚のカードを用いて、環境にシンクロの風を吹かせましょう。


スポンサーリンク



カードの性能を確認

幻層の守護者アルマデス

f:id:fpra1320:20181210214526p:plain:w250

効果とスペック

シンクロ・効果モンスター
星5/光属性/悪魔族/攻2300/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで
魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。

攻撃時の効果にとって封じ込むことができるカードは、万能地雷グレイモヤや分断の壁などの攻撃反応系だけではないです。
スノーマンイーターなどのリバース効果や戦闘破壊時に効果を発動するモンスター効果も無効化することができます。

最近の環境では、沈黙の魔術師-サイレント・マジシャンが猛威を振るっていますが、このカードで戦闘破壊することでサイレント・マジシャン LV8の特殊召喚を防ぐことができる点に注目です。

ジャンク・シンクロン

f:id:fpra1320:20181210214548p:plain:w250

効果とスペック

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1300/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

現状、主なシンクロ先になるレベル5のシンクロモンスターは、幻層の守護者アルマデスとジャンク・ウォリアー、ゴヨウ・チェイサーくらいですが、手札一枚がシンクロモンスターになる性能は優秀です。

十六夜アキのスキル:墓地より芽吹くものを使用することでデュエル開始時から墓地にレベル2のモンスターであるダーク・ヴァージャーが1枚置かれた状態になるため、即シンクロ召喚をすることができます。


スポンサーリンク



デッキレシピ

メインデッキ

f:id:fpra1320:20181210223034j:plain:w500

EXデッキ

f:id:fpra1320:20181210223100j:plain:w500

デッキ解説

シンクロデッキというよりは、グッドスタッフ、ハイビートに近い構築です。
ジャンク・シンクロンを用いて柔軟にシンクロ召喚するよりも、ジャンク・シンクロン=幻層の守護者アルマデスというイメージです。

幻層の守護者アルマデスは、効果自体は強力ですが、攻撃力が2300とやや頼りないです。
そのため、戦闘補助できる猪突猛進、バージェスト・ハルキゲニアなどは必須です。

猪突猛進の枠は、万能地雷グレイモヤなどが他に候補となりますが【ワイルドマンビート】に隙を与えるので、魔法カードである猪突猛進を優先して採用しています。
エネミーコントローラーも、ジャンク・シンクロンと組み合わせることで強力なコンボとなりますが、いかんせんEXデッキ5枚のデュエルリンクスでは、相手のモンスターを素材にするほどの汎用的なEXデッキを用意できないので、却下となりました。

モンスターは、単体で機能する魔導戦士 ブレイカーとD.D.アサイラントをアタッカーに採用しています。
魔導戦士 ブレイカーは、効果発動後に、スターダスト・ドラゴンやジャンク・バーサーカーのシンクロ素材になることでアドバンテージを失いません。

罠は、シンクロと相性の良いバージェストマシリーズを多めに採用しています。
妨害札となるだけでなく、効果発動後にモンスターとなってシンクロ素材になり得るのは強力です。

まとめ

汎用シンクロ、汎用チューナーの登場により、環境にシンクロ要素が増えればデュエルリンクスはさらに面白くなることでしょう。

幻層の守護者アルマデス、ジャンク・シンクロン共に、あらゆるデッキに組み込むことができるカードですので、ぜひ手に入れてシンクロの強さを堪能してみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。