電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

【遊戯王デュエルリンクス】ランク戦で勝てるサイバー・ダークの構築案を紹介します!

f:id:fpra1320:20181210001907p:plain
遊戯王デュエルリンクスで強化された【サイバー・ダーク(裏サイバー)】ですが、ランク戦における評価はいまひとつといったところでしょうか。

たしかに、環境の上位デッキに引けを取らないスペックを持っていることは事実です。
しかし、現状デュエルキングに到達するのは難しいというのが本音です。

当面は、レジェンドランクに安定して到達するのが目標になりそうです。

この記事では、【サイバー・ダーク】を用いてレジェンドランクまで駆け上がる構築案を紹介します。


スポンサーリンク



構築案① 【宝玉裏サイバー】

デッキレシピ

メインデッキ

f:id:fpra1320:20181209225406j:plain:w500

EXデッキ

任意

デッキ解説

ヨハンのスキル:受け継がれる宝玉を用いて、手札の比翼レンリンを墓地へ送ることを目的とした構築です。
手札に引いてしまった比翼レンリンを即墓地へ送り、サイバー・ダークで装備することができます。

比翼レンリンを装備する機会が多いため、ライフを削りやすいサイバー・ダーク・エッジを3枚フル採用しています。
劣勢時でも、通せば2500ダメージで突然死を狙えるのは強力です。

また、手札をロストできることから、サイバー・ダーク・カノンで墓地へ送る対象にもなれるタスケルトンを採用しています。
基本的に装備カードによって場の魔法罠ゾーンが埋まりやすいため、墓地から発動できるタスケルトンはシナジーが高いです。

宝玉の祈りは、相手の場のカードをなんでも一枚破壊できるという万能破壊カードです。
サイバー・ダークモンスターは戦闘能力が高い反面、場に干渉する効果を持たないため、痒いところに手が届くサポートにうってつけのカードです。
サイバー・ダークで動けないときでも宝玉獣 サファイア・ペガサス + 宝玉の祈りでビートダウン可能です。

ちなみに伏せ除去としてギャラクシー・サイクロンが採用されていますが、このデッキとの相性が抜群であるからです。
墓地効果で表側表示の魔法罠カードを破壊できるため、自らサイバー・ダーク・カノンを割ってドロー効果を発動したり、誤って宝玉獣 サファイア・ペガサスを魔法罠ゾーンに展開しすぎたときに、それを解消することもできます。

初動をサイバー・ダーク・カノンに頼りがちな【サイバー・ダーク】にとって、新たな境地を切り開くきっかけになる構築だと思います。

構築案② 【純サイバー・ダーク】

デッキレシピ

メインデッキ

f:id:fpra1320:20181209225525p:plain:w500

EXデッキ

f:id:fpra1320:20181209225549p:plain:w500
※F・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)と鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴンは、それぞれ一枚ずつあれば他は適当でOKです。

デッキ解説

オーソドックスな構築です。

素引きした比翼レンリンやサイバー・ダーク・インパクトをデッキへ戻せるスリカエで運用します。
伏せ除去には、スキルとの相性を考えライフ調整がしやすいコズミック・サイクロンを採用しています。

この構築のメリットは、環境に合わせてカードの入れ替えがしやすいところと、サイバー・ダーク・インパクトによる二次展開が狙えるところです。

サイバー・ダークモンスターと相性の良いクリボールは替えがききづらいですが、他のカードは自分の好みにカスタマイズしやすいです。


スポンサーリンク



構築の今後について

強化され得るポイントとしては、シンクロ要素の導入です。
ドラグニティ-ファランクスを採用することで、レベル6シンクロを展開できるようになります。

現状、レベル6シンクロを出すよりもサイバー・ダーク・カノンや比翼レンリンを装備して攻撃した方が強いですが、今後実装されるシンクロモンスター次第では検討の余地がありそうです。

まとめ

紹介した構築は、メインカードがレジェンドデュエリストとのドロップで揃うため、誰でも簡単に組むことができます。

デュエルキング達成こそ難しいものの、レジェンドランクまでの過程を【サイバー・ダーク】で楽しむといった運用が望ましそうです。
そして、十分に環境デッキとも渡り合えるので、たくさん回して、裏サイバー流を極めましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。