電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

家で本格コーヒーが飲みたくなったらドリップコーヒーがオススメ!

"コーヒー豆"
「家でコーヒーを淹れるときはお手軽なインスタントコーヒーだけど、そろそろ本格的なコーヒーが飲みたい。」
そんな思ったら、ドリップコーヒーを淹れるための準備をしましょう。

ドリップコーヒーは、焙煎したコーヒー豆を粉末状にし、ドリッパーと呼ばれる円錐型の器具にペーパーフィルターをセットした中に入れて、お湯を注いで作ります。

ドリップコーヒーの特徴は、香りをとにかく楽しめるところと、コクが深いところです。
家にいながら、カフェ気分を味わいたいという方にオススメです。

この記事では、ドリップコーヒーを楽しむために必要な器具や知識を紹介していきます。




ドリップコーヒーを楽しむための準備

家でドリップコーヒーを楽しむための準備を行いましょう。
どの器具も比較的安価に揃えることができます。

①ドリッパー

ドリッパーには様々な種類がありますが、安価なものであれば100円程度でも購入することができます。
本格的なものには、有田焼で作られたものもあります。

最初は、安価なプラスチック製を購入すれば問題ありませんが、好みに合わせて陶器やステンレス製のものの購入も、今後の視野にいれておきましょう。

家庭向けドリッパーといえば、カリタのドリッパーがお手軽かつ、作りもしっかりしていてオススメです。

②コーヒーフィルター

使い捨てのコーヒーフィルターは、安価でたくさん入ったものを購入しましょう。
スーパーなど、どこでも購入することができます。

③サーバー

抽出したコーヒーを蓄えておくための器具ですので、清潔に保ちやすくて扱いやすいものが良いです。

電子レンジに対応したものも多くあります。
再加熱するとコーヒーの風味は落ちてしまいますが、便利ですよ。

サーバーは、ネットで買うのが賢いです。
KALDI(カルディ)やLOFT(ロフト)で売っているサーバーを半額くらいで買うことができます。

④コーヒー粉末

器具を揃えたら、コーヒー粉末を選びましょう。

スーパーやネットで見ると、様々なコーヒーが売られています。

インスタントコーヒーと違って本当に種類が豊富です。
色々試してみて、自分好みのコーヒーを探すのが何より楽しいですよ。

迷った時のオススメは、小川珈琲のコーヒー粉末です。
とにかく香りが良くて、初めて入れた時はとても感動しました。
味もクセがなく、どなたでもおいしくいただけると思います。

最初は缶の製品を購入して、以後その缶に保管すると良いです。

↓がオススメの小川珈琲です。
本当にビビるぐらいおいしいので、ぜひ試してみてほしいです。




おいしいコーヒーの淹れ方

器具もコーヒー粉も揃えたら、あとは抽出するだけです。
正しい淹れ方を覚えて、本格コーヒーを楽しんでください。

①お湯は90℃くらいがベスト

コーヒーを入れるためのお湯を沸騰させたら、少し冷まして90℃前後にしましょう。
沸騰したお湯だと、苦味が強く出てしまうためです。

お湯の分量は、一人分で約150ccです。

②コーヒーの分量をきっちり量る

コーヒー粉末は、一人分(一杯)がコーヒー用の計量スプーンで約10g~12gです。
そして、コーヒーフィルターへ入れる分量は「人数+1杯」が基本です。

一人でコーヒーを楽しむときでも、2杯入れることに注意しましょう。

③蒸らしを行う

お湯を入れていきますが、最初はコーヒー粉全体を湿らすように注ぎます。
そして、30秒ほど蒸らします。
濃いコーヒーが好みの方は、1分蒸らしましょう。

蒸らすことで、コーヒーの成分を抽出しやすくなるんです。

④分量のお湯を注いで抽出する

しっかりと蒸らすことができたら、お湯を注いでいきます。

お湯を注ぐときのポイントを紹介します。

・円を描くようにお湯を注ぐ。
・少しずつ、お湯が途切れないように注ぐ。
・コーヒー粉が十分に膨らんだら注ぐのを止め、全体の1/3を切ったら再度注ぐ。
・分量のお湯を注いだら、ドリッパーを外し、「最後の一滴」を入れないようにする。

ドリップコーヒーは「最初の一滴」が最もおいしく、「最後の一滴」はアクなどを多く含んでいると言われています。
そのため、「最後の一滴」を落とさないとうに心がけましょう。

まとめ

ドリップコーヒーなら、本格的なコーヒーを家でも楽しむことができます。
インスタントコーヒーと違い、少々準備が必要ですが、その手間のひとつひとつを楽しめるのもドリップコーヒーの良いところではないでしょうか。

本格コーヒーのおいしさをぜひ味わってみてください。

最初のうちは、ドリッパーとサーバー(抽出されたコーヒーを受けるための器具)のみを揃えて、市販のコーヒー粉を買うのが良いでしょう。
自分好みのコーヒーをさらに追求したくなったら、コーヒー豆から買って、ミル(コーヒー豆を挽くための器具)を用いて自分で豆を挽くようしてみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。