電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

「ブログを書く時間がない!?」そんな人のための記事作成方法を公開します

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20181208001042j:plain
ブログを書いてる方の多くは、本業でブロガーとして活動している人よりも、軸となる仕事の傍らにブログ運営をしている人がほとんどだと思います。

僕もその一人で、平日はプログラマーとして働き、休日や空いた時間を利用して記事を書いています。

本業はやはり大事だし、趣味もあるし、人付き合いもあるし、という環境だとブログに割く時間はわずかになってしまいます。

ホントに時間ない…誰か助けて…

そんな多忙な方の参考になればと思い、少ない時間の中で記事作成を継続する方法を僕なりに書いていこうと思います。


スポンサーリンク



①テンプレートを用意する

下書きなどの作業よりもさらに前段階として、記事全体のテンプレートを用意するのが大切です。

今まで記事を書いてきた中で、自分なりの記事の構成とかが、自分の中で出来上がっているのではないでしょうか。
自分流の記事構成を、あらかじめテンプレートにして作っておくだけで、今後コピー&ペーストで使い回せますし、構成も練りやすくなり、大幅な時短につながります。

僕が普段使ってるテンプレートはこんな感じです。

<!-- 冒頭 -->

==== ←「続きを読む」の設定(はてなブログのテーマ「ZENO-TAEL」のための設定)

<!-- GoogleAdsense -->

[:contents] ← 目次の設定
* <u></u> ← 大見出し①
** <u></u> ← 中見出し①

<!-- GoogleAdsense -->

* <u></u> ← 大見出し②
** <u></u> ← 中見出し②

* <u>まとめ</u> ← まとめ用大見出し


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 ← 固定文言


<div class="box27"><span class="box-title">あわせて読みたい</span><p></p></div> ← 関連記事の内部リンク用

基本的に、大見出しが2〜3つ、その中に中見出しがそれぞれあり、最後に必ず「まとめ」を入れています。
GoogleAdsenseなどの広告を配置する場所も決まっています。

記事のボリュームによって、見出しの数は増やしたりして応用しています。

テンプレートを作成するのが面倒かもしれませんが、一度作ってしまえば後々楽ができるので、ぜひ導入してみてください。

②箇条書きのメモを用意する

記事のネタが思い浮かんでから、いざ書いていこうとしても、真っ白な画面を前に手が止まることってあると思います。

そんなときは、キーワードメモを用意することでスラスラ書けるようになります。

まず、記事のキーワードになりそうな言葉を箇条書きで洗い出していきます。

例えば、「プログラマー」について記事を書くとします。
すると、こんなキーワードが出てきました。


思いついたキーワード

・プログラマーになるには
・独学
・オススメの言語
・ブラック
・残業時間
・給料
・システムエンジニアとの違い
・在宅


などなど、たくさんありますね。

この全てのキーワードを用いて記事を書く必要はありません。
自分にとって書きやすい記事のテーマに沿って、キーワードを選定します。

上記の中から、「プログラマーの実態」という記事を書くためのキーワードを決めていきます。


選定されたキーワード

・プログラマーになるには
・ブラック
・残業時間
・給料

こうしてみると、「現役プログラマーが仕事の実態について記述する」というテイストの記事になりそうな感じがしますね。

このキーワードメモがあるだけで、頭の中が整理できますし、なにより論理展開しやすいというメリットがあります。

このメモを作成するのは、平日にやればいいんです。
平日の通勤時間、寝る前の10分などのスキマ時間を活用しましょう。

休日は、このメモを傍らに記事を書き始めれば、バシバシタイピングできるはずです。


スポンサーリンク



③メモのキーワードで検索して上位記事に目を通す

下書きができたら、すぐ記事作成!とはいきません。
実際、書ける状態にはあるけど、ほんとにその情報だけで良い記事かけるか?って話になります。

記事を書いてもアクセスを稼げなければ、なにもしなかったのと一緒です。
良質な記事を世に提供するのは、ブロガーにとって最低限の使命です。

メモで洗い出したキーワードで検索し、上位3記事ほどをサッと読んでみましょう。
そうすることで、自分には思いつかなかった関連キーワードを発見できたり、自分の勘違いに気づいたりすることができます。

こんな感じ↓で検索して、上位記事をサッと読んでみましょう。

f:id:fpra1320:20181208001600p:plain:w600

検索上位の記事は、Googleに評価されてそこに表示されている訳ですから、大いに参考になると思います。
結局、良いものを参考にすることが一番の近道ですからね。

この上位記事に目を通す作業も、平日のスキマ時間にしましょう。
また、読んでるうちに、新しいアイデアが浮んだら、メモに追加するのを忘れてはいけません。

思いついたことって意外と忘れるので、すぐにメモする癖をつけるといいかもです。

まとめ

忙しい毎日ですから、記事作成にもメリハリを持たせることが大切です。

仕事や学業のある日に、毎日少しずつ加筆しながら記事を書くのも手段の一つです。
しかし、忙しい日はメモと上位記事のパラ読みに徹し、休日にその下準備を用いて一気に書くスタイルをオススメします。

そして、さらなる時短のためにテンプレートを作成しましょう。

スキマ時間を活用し、忙しい毎日ですが、ブログ運営をがんばっていきましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


あわせて読みたい

www.denno-times.com