電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【遊戯王デュエルリンクス】魔導戦士 ブレイカーとライラってどっちが優れてるワケよ?→考察してみた

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20181125234052p:plain遊戯王デュエルリンクスをプレイしていて、ふと考えたことはないでしょうか?

「魔導戦士 ブレイカーとライトロード・マジシャン ライラって、どっちが優れているのだろうか?

この記事では、そんな疑問に対して考察していきます。

ほぼ同じ役割を遂行することのできる2枚ですが、深く考察してみると、けっこう構築やプレイングによって使い分ける必要が出てくることがわかりました。

結論から言うと、現状魔導戦士 ブレイカーの方が優れています。

さて、その理由とは?
解説していきます。


スポンサーリンク



基本情報確認

魔導戦士 ブレイカー

f:id:fpra1320:20181125094832j:plain:w250

スペックと効果

ATK:1600/DEF:1000
①:このカードが召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大1つまで)。
②:このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×300アップする。
③:このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードを破壊する。

ライトロード・マジシャン ライラ

f:id:fpra1320:20181125094846p:plain:w250

スペックと効果

ATK:1700/DEF:200
①:自分メインフェイズに相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
自分フィールドの表側攻撃表示のこのカードを守備表示にし、対象の相手のカードを破壊する。
この効果の発動後、次の自分ターンの終了時までこのカードは表示形式を変更できない。
②:自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

そして、2枚のカードを軽く比較すると、以下のような点が洗い出せますね。

2枚の特徴を比較

  • どちらも魔法使い族だが、属性が闇と光で異なる→現状、属性サポートによる差別点はない
  • 打点の高さ カウンター込みブレイカー > ライラ
  • 効果が基本一度のみのブレイカー、何度も発動可能なライラ
  • ブレイカーは効果発動後の攻撃が可能
  • ライラは特書召喚時にも効果が発動可能
  • ライラは墓地肥やしを行うことができる

汎用性はどちらも高く、基本どんなデッキに入れても機能します。
そのため、差別点は以下の検証ポイントによると考えています。
詳しくみてみましょう。


スポンサーリンク



ポイント① 効果発動後のリアクションの違いについて

魔法罠除去効果発動後に打点1600になるが、攻撃できるブレイカーと、効果発動後に守備表示になるライラ。

ここが一番の差別点になりますね。

そして、現在のデュエルリンクスの環境において、攻撃力1600で攻撃できるというのは非常に大きいです。

理由としては、下級D-HEROと相打ちが取れるからです。
対【マスクHERO】で、相手が下級HERO召喚、攻撃反応罠あるいはブラフセットエンドでこちらブレイカーを出した場合、2:1交換できます。

その他、横に寝かしたM・HERO 闇鬼や、色々なデッキで採用されているアマゾネスの剣士といったモンスターを戦闘で破壊することが可能です。

火力の高い下級アタッカーは数多実装されていますが、デュアルを除き下級ハイビートダウンデッキはほぼ存在しません。
環境の下級モンスターは展開要員などが多く、1600打点でも攻撃によって局面打開に貢献できる場面は多々訪れます。

ブレイカーの優位性が高い理由は、こういうところにあります。

メインフェイズ2がないのがライラにとって痛かった…

例えば、相手が魔法罠のセット1枚の状況でライラが着地に成功したとします。

こういう場面のとき、メインフェイズ2があれば迷わず攻撃→何もなければメインフェイズ2で除去発動で良かったのですが、デュエルリンクスの場合はそうもいきません。

仮に攻撃した場合、そのままターンエンドになるので万能地雷グレイモヤなどの攻撃反応罠の場合、相手に温存するという選択肢を与えてしまいます。
かといって割りにいっても、ブラフだった→殴っていれば勝っていた、という状況もなくはないです。

ポイント② 効果の範囲について

実はあまり知られていない、除去効果の選択範囲についてです。

ブレイカーは自分の魔法罠も破壊することが可能です。
対して、ライラは相手のカードしか対象に取ることができません。

実用性が如何程あるか疑問ではありますが、破壊されることをトリガーに効果を発動するカードが存在する以上、ブレイカーの方が汎用性が高いといえてしまいます。

現状、荒野の大竜巻を破壊するか、効果発動後に残ってしまい場を圧迫している永続罠などを破壊するくらいしか活用方法はありません。

完全に蛇足ですが、ブレイカーでサクリファイスは間違いなく強化されました笑


スポンサーリンク



ライラの墓地肥やしについて

ライラがブレイカーと違いを生み出せる要素が、エンドフェイズにデッキトップを3枚墓地へ送ることができる点です。

特に、【青眼】における貢献度は高いです。
ブルーアイズを墓地へ送ることができれば、大きなアドバンテージになります。
また、【芝刈り魔導】においても同様で、墓地肥やしがアドバンテージに直接繋がってきます。

デッキを選びますが、確実にライラの方がシナジーのあるデッキが存在していることは間違いありません。

注意点としては、デュエル終盤でむやみに出しづらいところでしょうか。
3枚のデッキロストが、そのまま負けにつながることも考慮しなければなりません。

まとめ

結果的には、遊戯王デュエルリンクスの環境、ルールから考察してみると魔導戦士 ブレイカーの方が優れているといえるでしょう。

しかし、上位互換とはいえず、ライラにもしっかりとマッチしたデッキが存在しているということもポイントです。

どちらも優れた「サイクロンを搭載したモンスター」として、これからも活躍してくれることでしょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。