電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【遊戯王デュエルリンクス】ネフユベルのデッキレシピ・回し方と対策カード【完全解説!】

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20181119020824p:plain
OCGでの活躍を経て、遊戯王デュエルリンクスの環境で復活を遂げた【ネフユベル】のデッキ解説記事です。

ユベルとネフティスの鳳凰神という、破壊をトリガーに展開される2枚のエースモンスターが切り札のデッキです。
ユベル第二形態のユベル-Das Abscheulich Ritterによるブラックホール効果と、ネフティスの鳳凰神による大嵐効果によって、毎ターンフィールドリセットを行うことができる点が特に強力です。

自壊をあえて狙ったり、相手のモンスター破壊を逆手に取って展開するという非常にトリッキーなデッキですが、環境への刺さり具合も良く、高い勝率を期待することができるデッキの一つです。

この記事では、【ネフユベル】のデッキレシピ回し方・採用カード解説、さらには対策カード、有利なデッキの紹介まで取り扱っていますので、必要に応じて読み進めていってください。


スポンサーリンク



デッキレシピ紹介

【ネフユベル】

メインデッキ

f:id:fpra1320:20181118232805j:plain:w500

EX(エクストラ)デッキ

任意

デッキの回し方

自ら破壊効果を起動することができる炎王をデッキの軸に据えて、ユベルとネフティスの鳳凰神を展開していきます。

スキルは、事故の軽減とアドバンテージの面から、我が名はユベルで確定です。

手札に引いてしまったユベル第二形態のユベル-Das Abscheulich Ritterとユベル第三形態のユベル-Das Extremer Traurig Drachenをデッキに戻して、ユベルを手札に加えることができるため、ユベルを高確率で手札に保持できます。
また、ユベル第二形態、第三形態の特殊召喚は、デッキからも可能なため、デッキに戻すことでアドバンテージの損失を抑えることにも繋がります。

デュエルでは、相手に【ネフユベル】ということが判明されると、除去対策であえて展開してこなかったりされることが多くなります。
攻撃力が0のユベルだけではダメージを与えることができませんので、ネフティスの鳳凰神を引けることが鍵となってきます。

デッキ自体は、ユベルのリクルート効果や炎王獣 バロンと炎王の孤島のサーチ効果によって圧縮を図ることができるため、3積みのネフティスの鳳凰神を引く確率はかなり高く、安定感に問題はありません。

ユベル第二形態とネフティスの鳳凰神によって場をリセットし、攻撃を通すことがメインの勝ち筋です。
また、戦闘を行うことで、相手モンスターの攻撃力分のダメージを与えつつ破壊する、ユベル第三形態による勝ち筋も見逃せません。

採用カード解説

切り札となるユベル、ネフティスの鳳凰神はさることながら、デッキの軸となるカードは炎王です。

炎王獣 ヤクシャ

f:id:fpra1320:20181119015544j:plain:w250
自身が破壊され墓地へ送られた場合に、自身の手札かフィールドのカード1枚を破壊できる誘発効果を持ちます。

一見すると単なるディスアドバンテージの効果にしか見えませんが、このデッキでは欠かせない効果です。
手札のユベル、ネフティスの鳳凰神を破壊し、展開することができます。

このカードを序盤で運用する際にはセットで出して攻撃を誘い、相手にとって不意のユベルやネフティスの鳳凰神の展開を狙います。
警戒されないことで、より多くのカードを除去することに繋がります。

素の攻撃力が1800もあるため、アタッカーとしても活躍させることができます。

炎王獣 バロン

f:id:fpra1320:20181119015603j:plain:w250
効果破壊された際に、デッキから自身以外の炎王と名のつくカードをサーチすることができます。

このカードを採用する理由の一つが、ユベル第二形態と共存しやすい下級アタッカーである点です。

炎王獣 ヤクシャの場合、序盤の展開を補助するカードとしては優秀なものの、ユベル第二形態を展開してしまった後は、ネフティスの鳳凰神を引いていない限り、場に出してもユベル第二形態の巻き添えを受けるだけになってしまいます。
炎王獣 バロンは、破壊によってサーチ効果を発動できるため、ユベル第二形態の横に立てて攻撃をするのに適しているのです。

炎王の孤島

f:id:fpra1320:20181119015648j:plain:w250
自分の手札・フィールドのモンスター1体を破壊して炎王モンスターをサーチする効果に、炎属性・鳥獣族モンスターを手札から特殊召喚する効果、このカードが墓地へ送られた場合または除外された場合に自分フィールドのモンスターを全て破壊する効果を持ちます。

炎王獣 ヤクシャと並んで、破壊を自ら引き起こすことが可能です。
炎王の孤島の場合、フィールド魔法であることから、召喚権を消費しない点で優秀です。

また、破壊と同時に炎王モンスターをサーチできます。
序盤の動きとして、手札のユベルを破壊→ユベル第二形態SS & 炎王獣 バロンサーチからの召喚から攻撃→ユベル第二形態によるモンスター全除去、相手スタンバイフェイズに炎王獣 バロンによるサーチ効果発動という流れが強いです。

手札からネフティスの鳳凰神を特殊召喚する効果は、使用頻度は低いですが、相手がこちらの除去を警戒して手薄になっている中で、下級炎王モンスターとともに一気に展開してそのままイージーウィンするという勝ち筋を作ることができます。

第三効果の自身フィールドモンスターの除去は、使い方次第では強力ですが、扱いが難しいです。

このカードでネフティスの鳳凰神を破壊することで、次の自分ターンに蘇生され大嵐効果を発動しますが、このカードの破壊によって再度ネフティスの鳳凰神は破壊されます。
このとき、同時に炎王獣 ヤクシャを巻き込むようにし、手札のユベルを破壊することで、全体除去のループに突入することができます。

このカードの除去にとって、こちらの場のモンスターだけ一方的に破壊されることになるため、相手の除去の標的とされやすいです。
破壊耐性の無いユベル第三形態とこのカードを、同時に場に揃えないように注意したいところです。

クリボール

f:id:fpra1320:20181119015706j:plain:w250
ネフティスの鳳凰神の効果を能動的に使っていく【ネフユベル】では、魔法罠による防御札を積むことは難しいです。
そのため、手札から効果を発動できるクリボールは重宝します。

切り札のネフティスの鳳凰神は、戦闘に対する耐性がありません。
環境には【青眼】や【マスクHERO】といった高打点モンスターを出してくるデッキも多いため、力負けすることも多々あるので、このカードでサポートしていきましょう。


スポンサーリンク



【ネフユベル】に有効な対策カードを紹介!

環境トップクラスのデッキといっても過言ではない【ネフユベル】ですが、除外というわかりやすい弱点を持ちます。
【ネフユベル】相手に勝率が上がらずにいる方は、こちらの対策カードを参考にしてみてください。

対策カードその1 透破抜き

f:id:fpra1320:20181119015832j:plain:w250
ネフティスの鳳凰神や下級炎王モンスターは、墓地で効果が発動するため、このカードで効果を無効にすることが可能です。
また、同時に除外することができるため、再利用を阻止することもできます。

【ネフユベル】は、魔法罠の除去をネフティスの鳳凰神に依存している面があるため、除去されることなく妨害することができるでしょう。

効果の適用範囲が限定的であるため、採用しても1枚に抑えることになります。
しかし、環境には【武神】を筆頭に墓地や手札で効果を発動するカードを採用したデッキが増えているため、採用の価値自体は上がっています。

対策カードその2 禁じられた聖杯

f:id:fpra1320:20180926005647p:plain:w250
戦闘耐性のあるユベル第二形態、第三形態の効果を無効にして容易に突破することを可能とします。
それぞれ攻撃力が0であることから、戦闘ダメージも膨らみます。

また、ネフティスの鳳凰神の除去効果を無効にして、こちらの魔法罠を守るという使い方も可能です。
汎用性も高く、どのようなデッキにも採用することができます。

対策カードその3 魂の解放

f:id:fpra1320:20181119015902j:plain:w250
自分、相手の墓地から5までカードを選び、除外することができるカードです。

墓地へ送られたユベル第二形態、第三形態を除外して再展開を防いだり、破壊されたネフティスの鳳凰神を除外する使い方がメインです。

通常魔法カードであるため、ロストなどの罠カードと違いチェーンで発動することはできませんが、一度に5枚ものカードを除外することができるため、状況次第ではこのカード1枚で勝負を決めることができます。

【青眼】、【武神】といった墓地を利用する他のデッキにも刺さります。
ピンポイントなメタのため、対策以外に自身の墓地調整を行うことに意味のあるデッキなどで採用したいカードです。


スポンサーリンク



【ネフユベル】に有利に立ち回れるデッキ

有利なデッキその1 【魔導】

f:id:fpra1320:20181028015453j:plain:w250f:id:fpra1320:20181028015501j:plain:w250

ゲーテの魔導書によって、ユベル第二形態、第三形態やネフティスの鳳凰神を除外することができるため、かなり有利なデッキであるといえます。

下級炎王モンスターも除外では効果を発動することができません。

魔法罠に手薄い【ネフユベル】ですので、除去をモンスターに専念しやすいのも◎。

有利なデッキその2 【デッキ破壊】

f:id:fpra1320:20181119015946p:plain:w250f:id:fpra1320:20181119015951j:plain:w250

ユベル第二形態の破壊効果にウォーム・ワームを巻き込めるため、能動的にデッキ破壊を行うことができます。

サーチの多い【ネフユベル】は、デッキの枚数がすり減りやすいことからも有利であるといえます。

また、戦闘を行うこともないので、相手は炎王の孤島による自壊でしか展開することができません。

まとめ

遊戯王デュエルリンクスの環境で活躍する【ネフユベル】について解説しました。
トリッキーかつ大味なデッキで使ってて楽しい & 高い勝率も見込める良いデッキです。

デッキを構築するとき、逆に対策するときにこの記事がみなさんの参考になれば幸いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。