電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【デュエルリンクス】ネフユベルのデッキ構築論・対策

【デュエルリンクス】ネフユベルのデッキ構築論・対策
こんにちは、リバです。

今回は、遊戯王デュエルリンクスの環境の上位デッキである【ネフユベル】のデッキ解説をしていきます。

この記事を読むことで得られるものは、以下の通りです。


  • 【ネフユベル】についての理解
  • 【ネフユベル】を自ら構築できるようになる思考
  • 【ネフユベル】の対策方法

デッキレシピを直接提案するのではなく、読者が自らの手で「自分にとって理想のデッキ」を極めることができるように記事が構成されています。
サンプルレシピも載せているので、手取り早く構築を知りたい方はそちらをどうぞ。

また、対策方法・有利なデッキについても解説しています。




デッキ構築論

【ネフユベル】のデッキ構築論です。

基本戦略

ユベルを自ら破壊することで、ユベル第二形態のユベル-Das Abscheulich Ritterを展開し、盤面の制圧を狙います。

ユベル-Das Abscheulich Ritterは、


  • 戦闘破壊されず、戦闘ダメージも0
  • 毎ターンモンスターゾーンを全体除去する
  • 表側表示で場を離れた時、ユベル第3形態を特殊召喚できる

以上のような特徴を持っています。

そのため、相手の単純なビートダウンを許さず、突破に工夫を要求させることができます。
ユベル-Das Abscheulich Ritterにより、相手の展開が停滞しているところで、破壊効果と相性の良いネフティスの蒼凰神・ネフティスの鳳凰神を展開し、ビートダウンしていきます。

スキルについて

採用するスキルは、我が名はユベルで確定です。

我が名はユベル

f:id:fpra1320:20190331181314j:plain:w250


効果

1ターンに1度、手札の「ユベルDas Abscheulich Ritter」または「ユベルDas Extremer Traurig Drachen」1枚をデッキに戻して使用できる。デッキから「ユベル」1枚を手札に加える。

手札に引いてしまったユベル第二形態、第3形態をデッキに戻し、ユベルをサーチすることができるので、デュエルスタート時の手札に高い確立でユベルを引き込むことができるようになり、展開の安定感の向上、事故防止に繋がります。

採用カード:確定枠

採用されるカードには、デッキのギミック上必須の「確定枠」と、環境へのメタや独自のギミックを搭載する「自由枠」があります。
ここでは、確定枠の紹介をしていきます。

【ネフユベル】は、デッキのほとんどが確定枠で埋まりやすいデッキです。

ユベル

f:id:fpra1320:20190331170934p:plain:w500

上記構成は、確定としています。

高い確立で初手にユベルを引ける枚数であると同時に、被りによる事故も少ない枚数です。

ユベル-Das Abscheulich Ritterを2枚採用する構築もありです。
その際のメリットは、以下の通りです。


  • ユベルを初期手札に握れる確率を上げる
  • ユベル-Das Abscheulich Ritterが除外されたときの保険

環境の変動により、ユベルの展開がよりシビアになる場合は、積極的に2枚採用してOKです。

ネフティス

f:id:fpra1320:20190331171008p:plain:w500

上記構成は、確定としています。

ネフティスの祈り手によるサーチ先として、ネフティスの蒼凰神・ネフティスの鳳凰神をそれぞれ最低1枚は欲しいところです。
ネフティスの鳳凰神は、1枚採用が適切といえますが、ネフティスの蒼凰神と、ネフティスの輪廻の枚数には正解はありません。

現在、【ネフユベル】に環境メタカードを採用する必要性は低く(デッキ自体が環境メタであるから)、自由枠が空いている状態です。
ネフティスの蒼凰神と、ネフティスの輪廻の枚数を増やすことで、ビートダウン能力を飛躍的に向上させることができるので、複数枚投入をオススメします。

そうでない場合は、汎用性の高い妨害札(クリボール、バージェストマ・カナディアなど)を採用し、デッキの対応力を上げる調整をしてあげましょう。

炎王

f:id:fpra1320:20190331171030p:plain:w500

上記構成は、確定としています。

炎王獣 ヤクシャと、ネフティスの祈り手をそれぞれ3枚採用することで、ユベルの破壊を安定して行っていけます。

炎王獣 ヤクシャが戦闘によって破壊されてユベルを破壊した場合、スカル・マイスターなどを発動することができないため、効果を通しやすいので覚えておきましょう。

また、炎王獣 ヤクシャは、攻撃力が1800あるため、ネフティスの蒼凰神かネフティスの鳳凰神と合わせて4000ライフを削れるため貴重です。

さらにユベルの破壊をより安定させたい場合は、炎王の孤島を採用すると良いです。

採用カード:自由枠

ここでは、自由枠へのアイデアを提案していきます。

クリボール

f:id:fpra1320:20181119015706j:plain:w200


効果とステータス

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その攻撃モンスターを守備表示にする。
(2):儀式召喚を行う場合、必要なレベル分のモンスターの内の1体として、
墓地のこのカードを除外できる。

ネフティスの鳳凰神の効果を能動的に使っていく【ネフユベル】では、クリボールのシナジーは素晴らしいものがあります。

手札誘発のため読まれづらいことにより、相手がカードの効果を駆使してユベルやネフティスの蒼凰神を突破してこようとした際に、相手のプランを崩すことができます。

エネミーコントローラー

f:id:fpra1320:20190310233004p:plain:w200


効果

速攻魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。
●自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

相手のモンスターを奪い、儀式のコストにするといった使い方ができます。

ユベル-Das Abscheulich Ritterをリリースした場合、タイミングを逃して後続をリクルートできないので注意です。

狡猾な落とし穴

f:id:fpra1320:20181028013315j:plain:w200


効果

通常罠
(1):自分の墓地に罠カードが存在しない場合、
フィールドのモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

デッキ自体に罠カードを積むスペースがあまりないため、このカードのみを採用するのが容易です。

自分のモンスターを破壊することができるので、シナジーもあります。

サンプルデッキレシピ

f:id:fpra1320:20190331182459j:plain:w500

基本に忠実な構成です。
自由枠を入れ替えて、自分が回しやすい構築にアレンジしてみてください。




【ネフユベル】対策

【ネフユベル】の対策について、カードとスキルで紹介していきます。

対策カード

スカル・マイスター

f:id:fpra1320:20190209111604j:plain:w200


効果とステータス

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。

ユベルは、墓地で効果を発動するため、このカードで展開を妨害することができます。
また、ネフティスの蒼凰神・ネフティスの鳳凰神の自己蘇生効果に対しても有効です。

手札誘発なので、ネフティスの鳳凰神によって除去される心配もなく、確実に効果を使って行けます。

環境TOPデッキである【古代の機械】、【恐竜】に対しても有効なメタカードなので、現在採用の価値が高い1枚です。

スターダスト・ドラゴン

f:id:fpra1320:20190331175922p:plain:w200


効果とステータス

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。
その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。

ユベル第二形態、第三形態の破壊効果にチェーンして、効果を無効化しつつ破壊することが可能です。

ネフティスの蒼凰神による攻撃、ネフティスの輪廻の追加効果以外で対処される心配がほとんどなく、出せば勝ちがみえてきます。

シンクロモンスターなので、出せるデッキは限られます。

禁じられた聖杯

f:id:fpra1320:20180926005647p:plain:w200


効果

速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時までそのモンスターは、攻撃力が400アップし、効果は無効化される。

戦闘耐性のあるユベル第二形態、第三形態の効果を無効にし、戦闘で突破することを可能とします。
それぞれ攻撃力が0であることから、戦闘ダメージも膨らみます。

また、展開の軸であるネフティスの祈り手の効果を無効にしたり、ネフティスの鳳凰神の除去効果を無効にして、魔法・罠カードを守るという使い方も可能です。

汎用性も高く、どのようなデッキにも有効です。

対策スキル

墓所封印

f:id:fpra1320:20190130205003j:plain:w250


効果

次の相手ターン終了時までお互いに墓地のカードを除外できず、墓地からモンスターを特殊召喚できない。このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。

墓所封印を発動することによって、スキル適用中はネフティスの蒼凰神・ネフティスの鳳凰神の自己蘇生を封じることができます。
また、ユベル第二形態、第三形態がすでに墓地にあるときに、墓地からの特殊召喚をさせなくできます。

【ネフユベル】に有利なデッキ

【沈黙魔導】

f:id:fpra1320:20181104165250p:plain:w200f:id:fpra1320:20181028015501j:plain:w200

ゲーテの魔導書によって、ユベル第二形態やネフティスの蒼凰神・ネフティスの鳳凰神を除外することができます。

除外することで、再利用・自己蘇生を封じることができるので、かなり有利に立ち回ることが可能です。


【沈黙魔導】の解説記事はこちら

www.denno-times.com

【青眼】

コスモブレインのゲーム画像白き霊龍のゲーム画像

【青眼】は、スターダスト・ドラゴンをすぐにシンクロ召喚できるデッキなので有利といえます。

スターダスト・ドラゴンを立て、ネフティスの蒼凰神をケアさえすれば完封できます。

スターダスト・ドラゴンへの繋げ方


  1. 手札:コスモブレイン、通常モンスター、レベル1チューナー
  2. →コスモブレイン特殊召喚、レベル1チューナー召喚 → シンクロ
  3. 手札:コスモブレイン、通常モンスター、効果モンスター
  4. →コスモブレイン特殊召喚、効果モンスター召喚、コスモブレイン効果、効果モンスターリリースして通常モンスターのレベル1チューナー特殊召喚 → シンクロ


【青眼】の解説記事はこちら

www.denno-times.com


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。