電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【ポケモンUSUM】メガリザードンXの努力値調整まとめ!【育成論】

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20181112013947p:plain
この記事では、ポケモンウルトラサンムーンにおけるメガリザードンXの努力値調整をまとめています。

ダメージ計算に基づき、あらゆる対面を想定しておりますので、きっと満足のいく調整案にたどり着けると思います。

調整案は、攻撃面、耐久面、素早さで項目を分けて記載しています。
必要に応じて読み進めてくださいね。


スポンサーリンク



攻撃面の努力値調整案

メガリザードンXといえば、物理攻撃の威力を1.3倍増加させる特性:かたいツメと、130という高い攻撃種族値が魅力的ですよね。

攻撃の努力値調整ですが、実は以外とシビアなんです。
エースや崩しの中心として採用することが多いので、確定で落とせるかどうかといったラインをしっかりと考慮したいものです。

性格補正なし(実数値:150〜182)

努力値 調整先
0 H4振りミミッキュをフレアドライブで確定1発
68 H252振りギルガルド(シールドフォルム)をフレアドライブで確定1発、B4振りカプ・テテフをフレアドライブで確定1発
76 H252振りカプ・レヒレをかみなりパンチで確定2発、図太いH252B252振りドヒドイデをランク+1かみなりパンチで確定2発
100 H4振りメガボーマンダをランク−1ドラゴンクローで確定2発
108 H244振りヒードランをじしんで確定1発
116 H4振りメガガルーラをランク+1フレアドライブで確定1発
164 H244振りメガボーマンダをげきりんで確定1発
188 B4振りメガリザードンXをドラゴンクローで確定1発
196 B4振りカプ・コケコをフレアドライブで確定1発
228 B4振りメガバシャーモをげきりんで確定1発
236 B4振りガブリアスをドラゴンクローで確定1発
252 H164B12振り霊獣ボルトロスをフレアドライブで高乱数(93.7%)1発

性格補正あり(実数値:183〜200)

努力値 調整先
132 H164B12振り霊獣ボルトロスをフレアドライブで確定1発
148 H252振りナットレイをニトロチャージで確定1発
172 H4振りメガギャラドスをドラゴンクローで確定2発、ランク−1げきりんで確定2発
180 H252振りメガゲンガーをフレアドライブで確定1発、ランク+1ドラゴンクローで確定1発
188 H252振りギルガルド(シールドフォルム)をランク+2ニトロチャージで確定1発
252 図太いH252B252振りドヒドイデをランク+2げきりんで確定1発

調整ライン解説

■A68振り

炎タイプのメガリザードンXにとって、特に意識したい役割対象であるギルガルドを、フレアドライブで確定1発で落とすことができます。
さらに、耐久無振りのカプ・テテフも確定1発で落とすことができるので、耐久ベースのメガリザードンXでも、この調整ラインまでは振っておきたいところです。

■A108振り

メガリザードンXの最大の天敵であるヒードランを突破するための調整です。
じしんを採用した場合には、確定1発で落とせるようになるこのラインまで降らなければ意味がありません。

■A↑252振り

シンプルな調整ですが、CS極振りによってエースとして抜き性能を最大限に引き上げることができます。
つるぎのまいを覚えさせることで、受けループを容易に崩せるようになります。


スポンサーリンク



耐久面の努力値調整案

メガリザードンXは、優れた耐久性能もあわせ持っているため、起点にできるポケモンが比較的多いです。

理由としては、以下の2点があります

  • 防御の種族値が111と高い
  • ドラゴン・ほのおタイプという優秀な複合タイプを持ち、ほとんどの技を等倍以下で受けることができる

この強みを生かすために、しっかりと役割対象に応じた調整をすることが大切です。

無振り(実数値:153−x-131-x-105-x)

■物理耐久
・意地A252振りミミッキュのぽかぼかフレンドタイム確定耐え:83.0〜98.6%
・意地A252振りメガバシャーモのとびひざげり、意地A252振りハチマキ持ちマリルリのじゃれつく最高乱数以外耐え:84.9〜100.6%

※B4振りした場合、上記メガバシャーモ、マリルリからの攻撃の確定数はズレませんが、意地A252振りメガギャラドスのじしんを最高乱数以外耐えするようになります。

■特殊耐久
・C252振りカプ・コケコのマジカルシャイン確定2耐え:41.8〜49.6%
・C252振りアーゴヨンのりゅうせいぐんをメガ進化前の状態で確定耐え:82.3〜96.7%
・控えめC252振りヒードランのだいちのちから最高乱数以外耐え:84.9〜100.6%(→D4振りで確定耐え)

H28B12振り(実数値:157-x-133-x-105-x)

■物理耐久
・意地A252振りメガボーマンダのすてみタックル、意地A252振りギャラドスのZとびはねる確定耐え:84.0〜99.3%

■特殊耐久
・C4振りメガゲンガーの火力アップたたりめを最高乱数以外耐え:85.9〜101.2%
・C252振りカプ・テテフのフィールド下サイコキネシス確定耐え:84.0〜99.3%

H172振り(実数値:175−x-131-x-105-x)

■H実数値:175 = 16n−1、8n−1
■物理耐久
・A252振りガブリアスのげきりんをメガ進化前の状態で受け + さめはだダメージ確定耐え

■特殊耐久
・控えめC252振りカプ・テテフのフィールド下サイコキネシス確定耐え:82.8〜98.2%
・控えめC252振りメガネ持ちカプ・レヒレのハイドロポンプ確定耐え:82.2〜96.5%
・C252振り変幻自在ゲッコウガのれいとうビームを最高乱数以外2耐え:43.4〜51.4%

H108B4D28振り(実数値:167−x-132-x-109-x)

■特殊耐久
・控えめC252振りカプ・テテフのフィールド下サイコキネシス確定耐え:83.2〜98.8%

上記H172振りと比べ、カプ・テテフへの耐性はそのままに、努力値を温存するための調整です。
余りの分を、攻撃や素早さに回すことができるメリットがあります。


スポンサーリンク



素早さの努力値調整案

メガリザードンXの素早さ種族値は、激戦区ともいえる100族です。
そのため、しっかりと仮想敵に合わせて調整する必要があります。

性格補正なし(実数値:120〜152)

努力値 調整先
100 準速80族抜き
108 準速ギャラドス抜き
116 最速70族(パルシェン、キノガッサ)抜き、1舞で最速130族抜き
124 最速メガバンギラス抜き
140 準速85(カプ・レヒレ)族抜き
148 準速FCロトム抜き
172 最速ヒードラン抜き
204 最速80族(バシャーモ、マンムー)抜き
220 準速95族(カプ・テテフ)抜き
228 準速ミミッキュ抜き
244 最速85族抜き
252 最速FCロトム抜き

性格補正あり(実数値:154〜167)

努力値 調整先
156 準速100族(メガリザードン、メガガルーラ、メガバシャーモ)抜き
188 最速霊獣ランドロス抜き
220 最速95族(カプ・テテフ)抜き
228 最速ミミッキュ抜き
252 最速

調整ライン解説

■S116振り

先発、ストッパーとして採用されやすいキノガッサは、是非とも抜いておきたいポケモンです。
また、ニトロチャージやりゅうのまいの後に、環境でメジャーな高速アタッカーであるメガゲンガー、カプ・コケコの上を取れるようになります。

この調整ラインは中速ポケモンの激戦区であるため、エース採用なら124振りして、抜き抜き調整にするのも良いと思います。

■S↑188振り

性格をようきで使うなら、最低限ここまで振りたいところです。
霊獣ランドロスは採用率の高い優秀な物理ストッパーで、メガリザードンXに対面から勝てるポケモンです。

さらに、最速スカーフで運用されることも多いため、1舞後の抜き性能を落とさないためにも重要なラインとなります。

■S↑252振り

同族意識をするなら最速採用が良いです。
環境のメガリザードンXは、受けループを意識していじっぱりで採用されることが多いため、有利になれるでしょう。

また、メガリザードンYのエアスラッシュによる、ひるみ狙いの強引な突破を許しづらくすることもできます。
他にも、メガガルーラ、メガバシャーモといった強力なポケモンが100族なので、最速の意義は大いにあります。

まとめ

メガリザードンXの調整方法は様々にあります。
最近はCS振りが主流ですが、役割対象に応じてカスタマイズが可能なポケモンです。

この記事が、みなさんの育成の手助けになれば幸いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうござしました。