電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【iPad Pro】Smart Keyboard(スマートキーボード)を長く使用してわかったこと【まとめ】

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20181023235206j:plain
iPad Proを普段よく使用する方にとって、キーボードの存在は必須ですよね。

僕は、2016年末にiPad ProとApple(アップル)純正品のSmart Keyboard(スマートキーボード)を合わせて購入し、今現在も愛用しています。

iPad Proのキーボードは純正品のスマートキーボードだけでなく、他社製品も様々にあります。

そんな中、スマートキーボードを長く使ってきた僕が、スマートキーボードの使用感をお伝えしていこうと思います。


スポンサーリンク



スマートコネクターがとにかく便利

みなさんはApple Smart Connector(スマートコネクター)をご存知でしょうか?

iPad Proの左側面についている、3つの金属の点がスマートコネクターです。
f:id:fpra1320:20181023235235j:plain:w500

このスマートコネクターと、スマートキーボードの接続部を結合させて使用します。

ずばり申しますと、このスマートコネクターの使い勝手の良さは最強です。最強。

理由①:キーボードを取り付けたら、すぐ使える

スマートキーボードは、iPad Proから供給される電源で動作可能です。

そのため、充電や電池交換といった煩わしい行為の一切が不要なのです。

そもそもノートPCの代わりとして、手軽に作業をしたいときにiPad Proを使用する訳ですから、いちいちキーボードの接続に神経を使いたくないのですよ。
とても大事な要素だと思います。

そして、なんといってもBluetooth接続ではないため、ラグがないのが快適です。

Bluetoothの悪いところは、ラグが数十秒あるところと、接続不良があって再接続の手間がたまに発生するところですね。

そういった欠点がまったくないスマートコネクター接続はすばらしい。

理由②:接続に手間がかからない

このスマートコネクターを用いた接続は、磁石で行うので一瞬でセッティングが終了します。

いちいち留め具で固定したりする作業がないのです。
一瞬です。

磁力もちゃんと強力ですので、不意に外れたりする心配もありません。

こういう面倒がない設計を毎度しているAppleは、本当にすごいですね。

ライフスタイルにすんなり馴染む感じです。
ソファーで横になって、ゴロゴロしながら動画鑑賞をしてから、デスクに向かい作業するまで自然な流れでできますからね。

もし純正品のスマートキーボード以外の購入を検討している方がいましたら、スマートコネクターで接続するものかどうかだけは確認してみることをオススメします。

とにかく軽い

スマートキーボードは本当に軽いです。

僕の使っている9.7インチ用のスマートキーボードが約230gです。

iPad Proと合わせても800gに満たない軽さです(最新の12.9インチモデルだとスマートキーボードが約340g、本体が約677〜692gなので、1Kgくらいになりますが、それでも軽いですね。)。

こんな軽いノートPCはなかなか無いですよ。
スマートキーボードは、折りたたむとカバーとして機能するのですが、そのまま持ち歩いてもまったく気にならないレベルです。

ちょっとどこかに出かける際に、持っていくかどうかをためらう必要がないです。

キーボードの折りたたみ方次第で、動画視聴が捗る

スマートキーボードって、普通に立てる以外にも使い方があるのを知っていましたか?

こういう感じで折りたたむと、角度が緩やかになります。
f:id:fpra1320:20181023235302j:plain:w600
なお、公式かどうかは不明な模様()。

場面に応じて使い分けていますが、この角度をけっこうな頻度で使うので便利です。

ただし、キーボードとしては使えないので、完全に動画視聴用としてですね。


スポンサーリンク



打鍵感はイマイチ

完全に個人の主観ですが、打鍵感はイマイチです。

まず、キーが小さいです。
コンパクトさの弊害ですね。

タイピングミスがそこそこ起きてしまいます(長く使っていてもミスります)。
これだけは仕方ない感じですね。

僕は普段Macbook Proでメインの作業をして、iPad Proはサブディスプレイとして使っているのですが、ちょっとiPad Proで調べ物をしようものなら、打ちづらさを毎回実感しています。

あと、タイピングをしたときの感触がよろしくない。
ニュッとしたタッチ感で、なんともいえない感じです。

Macbook Proがカタカタカタって感じなら、スマートキーボードはニュニュニュって感じです(笑)。
とにかく爽快感がない。

キーボードの打鍵感命!って方にはオススメできません。
他社製のキーボードには、打鍵感が良いものもありますからね。

Apple Pencil(アップルペンシル)を収納できない

iPad Proを使う方の多くはアップルペンシルも併用しているのではないでしょうか。

アップルペンシルを収納する場所がiPad Pro本体にはなく、スマートキーボードにもその場所はありません。

アップルペンシルは、すぐ使える位置に置いておきたいので、テーブルの引き出しとかポーチの中にしまっておくのは、個人的に好きではないので、地味に痛いんですよね。
アップルペンシルをえんぴつ立てに入れるわけにはいかないじゃないですか(笑)。

他社製品には、ちゃんとアップルペンシルを収納する場所を設けているものがあります。
羨ましい…

側面・背面をガードする構造になっていない

スマートキーボードは、iPad Proのスマートコネクターに取り付けるだけ。
たったそれだけだから便利なのですが、反面ガード性能が皆無です。

画面はフィルムを貼ればガードできますが、側面・背面に関してはカバーが必要になります。

一応、スマートキーボードと併用できるカバーが発売されています。

iPad Proのカバーを買う際は、スマートキーボードと合わせて使えるかどうかを見極めて購入する必要があります。

まとめ

良いところ・悪いところ合わせて使用感を書かせていただきました。

個人的な総評ですと、スマートキーボードは80点くらいですね。
普通に合格点ですし、買いだと思います。

ただし、日々の作業をノートPCではなく、バリバリiPad Proで行いますよって方にはオススメできません。
とにかくタイプミスがストレスとなる可能性が大きいです。

文字通り「スマート」に作業を行ったり、ラフに使っていく方、iPad Proをサブディスプレイとして使用する方にとっては、とても良いキーボードだと思います。


ノートPC並みの打鍵感を誇るのがこちらのキーボード。
アップルペンシルの収納、キーボードにバックライトもありオススメです。
少し重たいのがネックですが、iPad Proをメイン機にしたい方には、ぜひLogicool(ロジクール)のSlim Comboを使ってみていただきたいです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。