電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

ブログ初心者のうちは、とにかく質より量で記事を書くべき

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20181014161215j:plain
ブログを始めたばかりの頃って、色々わからないことや不安があると思います。

どんな風に記事を書けばアクセスが増えるんだろう?
ちゃんと収益を上げれるようになれるのか?
ブログを継続するのが苦になってきた...

他にも様々な悩みがあると思います。

それは当然のことで、普通の反応です。

僕も始めた当初は、アクセス数や記事の内容に延々と悩んだものです。

そんな僕の悩みを解決したのは「とにかくがむしゃらに記事を書いたこと」だけでした。


スポンサーリンク



いきなり難しいことを実践しようとしてはいけない

記事の書き方に悩んだとき、その解決策をWEBで検索したことがある方って、けっこうたくさんいると思うんですよね。

僕もよく検索したものです。
んで、これらの文言に気持ち折られてた。

「2000文字以上書け!!」
「キーワードを意識して書け!!」

うん。
今思えば、2000文字以上書くのもキーワードを意識するのも大事だってわかります。

なぜか。

全くそれらを意識しない記事と、意識したもので明らかにアクセス数に差が出る」からです。
当たり前といえば当たり前ですよね。

でも最初の頃って、そういうことまで気にするの本当に難しいです。

思考を文章にするのに手間取るし、キーワードを意識して文章を自然な流れで組むのも一苦労です。

だから、いきなりそれらを実践しようとして、折れてしまう。
あると思います。


スポンサーリンク



ハードルを低くして、たくさん記事を書こう

僕がオススメする記事の作成方法は、「書きたいことを1000文字前後でとにかく書くこと」です。

くそ記事書いたっていいじゃないですか。
アクセスを稼ぐ記事って、たくさん記事を書いていく中でね、突然、ぽっと出てくるんですよ。

そしたら、その伸びた記事を自分で考察するんです。

なぜアクセスを稼げているのか?っていうところを突き詰めてみてください。

どんなキーワードを意識した?
他の人と競合する記事か?
流行のものか?

そして、その理由がわかったら、そのノウハウを活かして次の記事を書いていきましょう

要は試行錯誤をして、自分で正解に少しずつ近づいていくプロセスを学んでくださいってことです。

たしかに、SEOを意識したアクセスアップの近道はあります。
しかし、自分で体得した基礎があった上でSEOの知識を取り入れた方が、効果が目に見えて変わってきます。

アクセスが伸びなくて辛いとき。
そんなときは、記事を書く。
それが最も自分への薬になるんです。

書いた記事はいつでも編集できる

記事は後から何度も加筆、修正するなど書き直しができますよね。

だから、「記事を公開する = 100%の状態」と決めつけなくてもよいです。
当然、100%を目指すのですが、ある程度は妥協していきましょう。

そして、記事は後からリライトしたり、記事同士をつなげたりしてアクセスアップを狙っていきましょう。

新しく記事を投稿するだけがブログ運営ではないのです。

書いて、投稿して、編集して。
まずは記事作成・ブログ運営を楽しむことです。

さて、この記事を読んだら記事を書きましょう!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



あわせて読みたい

www.denno-times.com