電脳TIMES

ゲーム、プログラミング好きのブログです。関連する情報を発信していきます。

【遊戯王デュエルリンクス】聖戦士カオス・ソルジャーのすゝめ

【遊戯王デュエルリンクス】聖戦士カオス・ソルジャーのすゝめ
この記事では、遊戯王における人気モンスター、「カオス・ソルジャー」の派生カード「聖戦士カオス・ソルジャー」を遊戯王デュエルリンクスで使いこなす方法を解説します。

聖戦士カオス・ソルジャーは、圧倒的ビジュアルと攻撃力に加えて、強力な効果をあわせ持ちます。
まさに「切り札」にふさわしいカードですよね。

その反面、自身を特殊召喚するような効果を持っていないため、場に出すにはサポートカードを用いるなど、工夫が必要となります。

この記事では、ロマン満載の聖戦士カオス・ソルジャーを中心としたデッキを組む方法、上手な運用方法について解説していきます。
デッキレシピや、相性の良いカード、スキルなども紹介していきますので、必要に応じて読み進めていってください。




聖戦士カオス・ソルジャーの解説

聖戦士カオス・ソルジャーについて簡単に解説します。
性能をおさらいしておきましょう。

聖戦士カオス・ソルジャーの性能

f:id:fpra1320:20181008152115j:plain:w250


効果とステータス

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻3000/守2500
「聖戦士カオス・ソルジャー」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
除外されている自分の光属性または闇属性のモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その自分のカードを墓地に戻し、その相手のカードを除外する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
自分の墓地のレベル7以下の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

攻撃力3000というステータスに加え、(1)の除去効果がとても強力です。
効果の発動条件として、自身の除外ゾーンに光or闇属性のモンスターが必要です。
この強力な効果を活かすような構築を目指したいですね。

(2)の効果は、戦闘で相手モンスターを破壊したときに、墓地のレベル7以下の戦士族モンスター1体をサルベージする効果です。
攻撃力が高く、召喚前に(1)の効果で相手の妨害札を除去することもできるので、発動自体は難しくありません。

サルベージするモンスターとしては、一緒に投入しやすい疾走の暗黒騎士ガイアが候補になってきます。
しかし、狙って使うほどではないというのが、素直な感想です。
今後、手札に回収する意義の高い戦士族モンスター(手札で発動する誘発効果持ち、強力な効果持ちなど)が登場してくれば、さらに活躍できることでしょう。

聖戦士カオス・ソルジャーは、カオス・ソルジャー -宵闇の死者-とは違い、自身を特殊召喚する効果を持ち合わせていないため、召喚をサポートするカードを一緒に投入したいです。
現在、多くのサポートカードが存在しているので、後述します。

相性の良いカードを紹介

聖戦士カオス・ソルジャーを、強力にサポートしてくれるカード達を紹介します。

バルキリー・ナイト

バルキリー・ナイトのゲーム画像


効果とステータス

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1900/守1200
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は「バルキリー・ナイト」以外の戦士族モンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地の戦士族モンスター1体とこのカードをゲームから除外する事で、
自分の墓地からレベル5以上の戦士族モンスター1体を選択して特殊召喚できる。

戦闘で破壊されることにより、墓地から聖戦士カオス・ソルジャーを蘇生することができます。
蘇生効果を使用するには、もう1体墓地に戦士族モンスターが必要になりますが、後述する天地開闢を採用することで、容易に発動条件を満たすことが可能です。

相手は警戒して戦闘破壊を避けてくるので、セットして場に出したり、自爆特攻して効果を発動させていきたいです。

レベル4で攻撃力が1900あるため、メインアタッカーとしても活躍してくれます。

疾走の暗黒騎士ガイア

疾走の暗黒騎士ガイアのゲーム画像


効果とステータス

効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2300/守2100
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):リリースなしで召喚したこのカードの元々の攻撃力は1900になる。
(3):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「カオス・ソルジャー」モンスター1体を手札に加える。

自身がリリースされた際に、デッキから聖戦士カオス・ソルジャーをサーチすることができます。
天地開闢のサーチ先にもなるカードです。

リリース手段としては、沈黙の剣士-サイレント・ソードマンや、エネミーコントローラー、儀式のコストが有力になります。
帝王の轟毅という選択肢もあります。

あえてリリースせずとも、妥協召喚で攻撃力1900として運用できるのが強いです。

ADチェンジャー

ADチェンジャーのゲーム画像


効果とステータス

効果モンスター
星1/光属性/戦士族/攻 100/守 100
自分のメインフェイズ時に、
墓地のこのカードをゲームから除外し、
フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの表示形式を変更する。

墓地に存在する際に、自身の効果で能動的に除外ゾーンへ送ることができるので、聖戦士カオス・ソルジャーの除去効果を発動できるようにしてくれます。
表示形式変更効果は、一見あまり強くはなさそうですが、かなり使い道の多い効果です。

聖戦士カオス・ソルジャーの召喚時に、相手のバージェストマ・カナディアや底なし落とし穴で裏側守備表示にされた際に、この効果でリバースさせることができます。
そのため、除去効果を積極的に相手の魔法・罠カードへ適用させることができます。

また、相手の場のモンスターが、聖戦士カオス・ソルジャーと同等もしくは上回る攻撃力を持っていた際に、守備表示にすることで、戦闘破壊を後押しするのにも使えます。

ただし、天地開闢から直接墓地へ送った際はいいのですが、手札に来てしまった際に、うまく墓地へ送る方法が難しいという問題があります。

埋葬されし生け贄

埋葬されし生贄のゲーム画像


効果

通常魔法
(1):このターン、自分がモンスター2体のリリースを必要とする
アドバンス召喚をする場合に1度だけ、
モンスター2体をリリースせずに自分・相手の墓地から
モンスターを1体ずつ除外してアドバンス召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

聖戦士カオス・ソルジャーを、すぐに場に出せるようにするだけでなく、除去効果の発動も可能としてくれる相性抜群の1枚です。

デメリットとして、発動ターンは特殊召喚ができなくなりますが、とくに問題にはなりえません。

天地開闢で3枚の聖戦士カオス・ソルジャーを選択することで、墓地に埋葬されし生け贄のコストを用意しつつ、手札に聖戦士カオス・ソルジャーがある状況を作ることができます。

取捨蘇生

取捨蘇生のゲーム画像


効果

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター3体を対象として発動できる。
相手は対象のモンスターの中から1体を選ぶ。
そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りのモンスターは全て除外する。

墓地に3枚の聖戦士カオス・ソルジャーがある状況で発動すれば、確定で蘇生しつつ、このカードによって除外もできるので、除去効果の発動も可能になります。

天地開闢を駆使すれば、墓地に聖戦士カオス・ソルジャーを揃えることは容易です。
この効果で直接聖戦士カオス・ソルジャーを出せなくても、リリース要員1体と効果発動要員を用意するという使い方もあります。

発動条件が比較的厳しいので、入れるとしたらピン挿しくらいが丁度よいですね。

天地開闢

天地開闢のゲーム画像


効果

通常罠
「天地開闢」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスター1体以上を含む戦士族モンスター3体を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1体選ぶ。
それが「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスターだった場合、
そのモンスターを自分の手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。
違った場合、相手に見せたカードを全て墓地へ送る。

ここまでで紹介したサポートカードとも相性が良いカードで、必須級の1枚です。

聖戦士カオス・ソルジャーを3枚選択して確定サーチしたり、1枚だけ選択して任意の戦士族モンスターを2枚墓地へ送るという使い方ができます。

このカードと相性の良い、他の戦士族モンスターを合わせて紹介します。

天地開闢と相性の良い戦士族モンスター

不死武士

不死武士のゲーム画像


効果とステータス

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1200/守 600
自分のスタンバイフェイズ時にこのカードが墓地に存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードを墓地から特殊召喚できる。
この効果は自分の墓地に戦士族以外のモンスターが存在する場合には発動できない。
このカードは戦士族モンスターのアドバンス召喚以外のためにはリリースできない。

天地開闢で墓地へ送ることで、以降毎ターン蘇生を狙うことができます。
デッキが基本的に戦士族モンスターで埋まるため、効果の条件も問題ありません。

妨害札を採用しにくいデッキにおいて、壁として重宝できますし、リリース要員にもなります。
後述するスキル:ダイスdeレベリングと組み合わせることにより、確実に聖戦士カオス・ソルジャーを場に出すことが可能となります。

D-HEROディアボリックガイ

D-HEROディアボリックガイのゲーム画像


効果とステータス

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

効果を発動することで、リリース要員の1体になれるだけでなく、効果発動時に自身を除外するので聖戦士カオス・ソルジャーの除去効果を発動可能にすることもできます。

上記の不死武士と同様に、ダイスdeレベリングと相性が良いカードです。
除外される点で、リリース要員として運用するなら優先順位の高いカードになります。




相性の良いスキルを紹介

次に、聖戦士カオス・ソルジャーとの相性が良いスキルを2つ紹介します。
デッキに応じて採用していきたいです。

粉砕

海馬瀬人の顔画像


効果

このターン中、自分フィールド上の表側表示で存在する全てのレベル5以上のモンスターの攻撃力を自分フィールドじょうのレベル5以上のモンスターの数×300ポイントアップする。このスキルは1ターンに1度しか使用できない。

聖戦士カオス・ソルジャーがフィールドにいるときに発動することで、3300という攻撃力になります。

環境のデッキには、古代の機械熱核竜、コアキメイル・マキシマム、青眼の白龍など、攻撃力3000のモンスターが採用されているため、このスキルを適用すれば、相打ちではなく一方的に戦闘破壊できるようになります。

2、3体と並べばオーバーキル並みの破壊力になります。
同時採用されやすい、疾風の暗黒騎士ガイアもスキルの発動条件を満たすので、デッキとしての相性も良く、オススメのスキルです。

ダイスdeレベリング

城之内克也の顔画像

効果

自分のライフポイントが2000減る毎に使用できる。手札のモンスターカードを1枚相手に見せ、サイコロを1回振る。ターン終了時までこのモンスターのレベルは出た目と同じになる。

手札の聖戦士カオス・ソルジャーのレベルを、サイコロの目と同じにできるので、2/3の確率でリリースを用意することなく通常召喚が可能になります。

このスキルと不死武士、D-HEROディアボリックガイは、抜群の相性を持ちます。
仮にサイコロの目が5、6であっても、通常召喚権を使わずにリリース要員を確保できるからです。

スキルの発動には、ライフポイントが2000ポイント減っている必要があるので、ライフポイントの調整が難しいところではあります。
コズミック・サイクロンやドレインシールドなどを採用してライフポイントを自己管理できる構築が向いています。

デッキレシピを紹介

聖戦士カオス・ソルジャーを採用したデッキレシピを紹介します。
ランク戦でも勝てるデッキですので、ぜひ参考にしてみてください。

【天地開闢カオス】

メインデッキ

【天地開闢カオス】のデッキレシピ画像

EX(エクストラ)デッキ

任意

【天地開闢カオス】のデッキ解説

天地開闢で、聖戦士カオス・ソルジャーを墓地へ送り、バルキルー・ナイトでの蘇生を狙ったり、手札にサーチした際には埋葬されし生け贄によるアドバンス召喚を狙っていくデッキです。

環境へのメタとしてカオス・ハンターを採用しており、同時に、ADチェンジャーが手札に来た際の処理手段にもなっています。
カオス・ハンターは、スキル:粉砕や埋葬されし生け贄にも対応しており、相性の良いカードといえます。

バージェストマ・カナディアは、環境への刺さりが良いだけでなく、天地開闢がフリーチェーンの罠カードであるから、任意のタイミングで自己蘇生が狙えるという利点があるので、優先して採用したいカードです。

【沈黙カオス】

メインデッキ

【沈黙カオス】のデッキレシピ画像

EX(エクストラ)デッキ

任意

【沈黙カオス】のデッキ解説

疾風の暗黒騎士ガイアを沈黙の剣士-サイレント・ソードマンのリリース要員とすることで、聖戦士カオス・ソルジャーをサーチし、埋葬されし生け贄で場に出していきます。
沈黙の剣士-サイレント・ソードマンで魔法カードを妨害しつつ、聖戦士カオス・ソルジャーでフィニッシュするというデッキです。

混沌の場で疾風の暗黒騎士ガイアをサーチできるので、沈黙の剣士-サイレント・ソードマンのコストに困ることはありません。
聖戦士カオス・ソルジャーのサルベージ効果が有効に使える(沈黙の剣士-サイレント・ソードマン、サイレント・ソードマン LVレベル7は再利用の価値が高いため)数少ないデッキでもあります。

聖戦士カオス・ソルジャー、沈黙の剣士-サイレント・ソードマンは、相手にとって一筋縄には除去できないモンスター(沈黙の剣もある)であることから、比較的相手のカード効果を誘いやすいため、フレンドリーファイアが発動しやすいです。
また、フレンドリーファイアは、このデッキの天敵になる【沈黙魔導】への対策にもなります。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


宵闇使ってデュエルキングになった記事も合わせてどうぞ

www.denno-times.com