電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【遊戯王DL】聖戦士カオス・ソルジャーのすゝめ

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20181008155511j:plain

遊戯王における人気モンスター、「カオス・ソルジャー」の派生カード「聖戦士カオス・ソルジャー」を遊戯王デュエルリンクスで使いこなす方法を解説する記事です。

聖戦士カオス・ソルジャーは、圧倒的ビジュアルと攻撃力に加え強力な効果をあわせ持つ、まさに切り札というカードです。

その反面、自身を特殊召喚するような効果を持っていないため、場に出すには工夫が必要となります。

この記事では、ロマン満載の聖戦士カオス・ソルジャーを中心としたデッキを組むにはどうすればよいか、うまく運用するにはどうすればよいかといったことを解説していきます。

使い方をマスターして、さっそくデッキをビルドしてみてください。


スポンサーリンク



聖戦士カオス・ソルジャーとは?

f:id:fpra1320:20181008152115j:plain:w300


性能確認
  • 攻撃力/守備力:3000/2500
  • 効果①:自分の除外された光および闇属性モンスターを墓地に戻し、相手の場のカードを1枚除外する。
  • 効果②:戦闘で相手モンスターを破壊した際、自分の墓地のレベル7以下の戦士族モンスターを手札に加える。

カオス・ソルジャー -開闢の死者-」、「カオス・ソルジャー -宵闇の死者-」といった他のカオス・ソルジャーと違い、自身を特殊召喚する効果を持ち合わせていないため、召喚をサポートするカードと一緒に投入したいところです。

効果自体は非常に強力なうえ、除去効果を発動したターンも攻撃を行うことができる点が他のカオス・ソルジャーと異なるところです。

キーカードは天地開闢

f:id:fpra1320:20181008152248j:plain:w300
聖戦士カオス・ソルジャーを使用する際に、必須になるサポートカードが天地開闢です。

このカードの使い方は、以下の2点です。

  1. 聖戦士カオス・ソルジャーを3枚選択して、聖戦士カオス・ソルジャーをサーチする。
  2. 聖戦士カオス・ソルジャーを1枚選択し、任意の戦士族モンスターを2枚墓地へ送る。

基本的に、聖戦士カオス・ソルジャーを3枚選択して確定サーチを狙う以外は、墓地送りがメインの使い方となります。
墓地で効果を発動する戦士族モンスターの増加により、重要度を増しています。

聖戦士カオス・ソルジャー、天地開闢と相性抜群のカードを紹介

■ D-HEROディアボリックガイ

f:id:fpra1320:20181008152358p:plain:w300
墓地から除外することで、デッキからD-HEROディアボリックガイを特殊召喚することができます。

天地開闢で墓地へ送り効果を発動すれば、リリース要因をすぐに用意できるうえ、効果で自身を除外するので聖戦士カオス・ソルジャーの除去効果を発動することもできます。

リリース要因としては最も優先順位の高いカードです。

■ D-HEROディバインガイ

f:id:fpra1320:20181008152451p:plain:w300
相手ターンのエンドフェイズに天地開闢を発動することで、自分のターンにドロー効果を狙うことができます。
墓地へ送るもう1枚の戦士族モンスターをD-HEROにすることで、コストも同時に確保できます。

D-HEROディアボリックガイとともに入れて、デステニー・ドローを採用するのもよいでしょう。

下級モンスターが少なくなりがちな聖戦士カオス・ソルジャーデッキにおいては、下級アタッカーとしても優秀で、自身のドロー効果で除外されるため、聖戦士カオス・ソルジャーの効果を引き出せます。

注意点として、ドロー効果は強力ですが、デッキに上級モンスターを多く取り入れる関係上、手札に上級モンスターがダブついて効果を発動できないことがあります。

■ 不死武士

f:id:fpra1320:20181008153541j:plain:w300
天地開闢で墓地へ送ることで、毎ターン蘇生を狙うことができます。

デッキをすべて戦士族で固める必要がありますが、とりわけ他の種族のモンスターで取り入れたいカードもないため、すんなりとデッキに組み込むことができます。

天地開闢でこのカードとD-HEROディアボリックガイを墓地へ送ることで、即2体のリリース要因が揃います。

後述するスキル「ダイスdeレベリング」と組み合わせることにより、確実に聖戦士カオス・ソルジャーを場に出すことが可能となります。

■ 埋葬されし生贄

f:id:fpra1320:20181008152629p:plain:w300
2体のリリースを必要とするアドバンス召喚時に、お互いの墓地のモンスター1体ずつを除外することでアドバンス召喚することができるカード。

すぐに聖戦士カオス・ソルジャーを場に出せるだけでなく、除去効果の発動も可能としてくれます。

天地開闢で3枚聖戦士カオス・ソルジャーを選択することで、コストを用意しつつ手札に聖戦士カオス・ソルジャーがある状況を作ることができます。

■ 取捨蘇生

f:id:fpra1320:20181008152718p:plain:w300
墓地のモンスター3体を選択し、相手が1体選んで蘇生し、残りのカードは除外するというカードです。

天地開闢などを駆使し、墓地に聖戦士カオス・ソルジャーが3体ある状況を作れば、確定蘇生しつつ効果も発動できます。
聖戦士カオス・ソルジャーを出せなくても、リリース要因を特殊召喚するという使い方もあります。

発動に条件があり、持て余すことも少なくないため、入れてもピン刺しくらいが丁度よいですね。

■ 戦士の生還

f:id:fpra1320:20181008152753p:plain:w300
天地開闢で墓地へ送った戦士族モンスターをサルベージすることができます。

純粋に聖戦士カオス・ソルジャーを墓地から手札に戻したい場面が多く、1枚あると安心なカードです。

■ 帝王の凍志

f:id:fpra1320:20181008152818j:plain:w300
聖戦士カオス・ソルジャーは、サポートカードを駆使してアドバンス召喚する機会が多いので、帝王の凍志の対象にすることは容易です。

聖戦士カオス・ソルジャーは召喚時の除去効果がメインですので、帝王の凍志による効果無効のデメリットも気になりません。

攻撃力が高いことから、戦闘よりは効果による除去を狙われやすいため、相手の除去にチェーンして、無駄打ちを狙いたいところですね。

攻撃力3000+カード効果無効の圧倒的制圧力をぜひご体感あれ。


スポンサーリンク



相性のよいスキル

ダイスdeレベリング:城之内

2/3の確率で、聖戦士カオス・ソルジャーを通常召喚することができます。

不死武士D-HEROディアボリックガイを採用することで、ダイスの目が5、6であっても確実に聖戦士カオス・ソルジャーを場に出せます。

他の上級モンスターを採用しやすくなるため、V・HERO ウィッチ・レイドなどを同時に採用したいところです。

サイバー流奥義:ヘルカイザー亮

プロト・サイバー・ドラゴンを場に呼び出しリリースコストとすることができます。

不死武士との相性が悪いですが、その代わり他種族のモンスターを採用できるようになります。

3体場に出した際に、聖戦士カオス・ソルジャー召喚+残りのプロト・サイバー・ドラゴンでワンキルできるのを知っておくと役立つかも。

サンプルデッキレシピ

スキル:ダイスdeレベリングを使用し、聖戦士カオス・ソルジャーの召喚を狙います。

採用カード解説

■ コズミック・サイクロン

f:id:fpra1320:20181008153258p:plain:w300
伏せカードの多様な環境において、伏せ除去は必須と考え採用。

コストによって、自分からスキルの発動圏内にライフポイントを調整することもできます。

■ バージェストマ・カナディア

f:id:fpra1320:20181008153321p:plain:w300
戦闘補助や効果を未然に防ぐことができたりと、万能なカードです。

墓地から通常モンスターとして特殊召喚できる効果は、リリース要因になるため構築とシナジーがあるため、底なし落とし穴とは一線を画します。

■ ドレインシールド

f:id:fpra1320:20181008153334p:plain:w300
ライフポイントの回復を狙い、スキルの試行回数を増やします。

攻撃からモンスターを守ることにより、リリース要因を場に残すことにも繋がります。

アドバンテージを得ることはできませんが、ダイスdeレベリングを使うことによって、「リリースの減少=アドバンテージの獲得」となるので、構築上アドバンテージを得ているといえます。

サンプルレシピは、実戦において安定した勝率をたたき出すために、僕自身が改良を重ねてきたものです。
自身のある構築ですので、ぜひ一度コピーして使ってみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。