電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【遊戯王DL:KCカップ 1st・2nd使用デッキ】 巨竜 【フェルグラント】

スポンサーリンク


今回のKCカップ-2018 Aug.-では、【巨竜】を使用し、1stステージを突破しました。

構築は、環境に刺さっていると感じていた青氷の白夜龍(ブルーアイス・ホワイトナイツ・ドラゴン)アークブレイズドラゴンの2枚を採用したところから始まりました。
今回のKCカップでは、アマゾネス、空牙団、魔導がトップメタで、そこを強く意識した汎用カードを積んで構築が完成しました。

デッキの根幹が巨竜の聖騎士(パラディン・オブ・フェルグラント)巨神竜の遺跡という2枚で決まっているため、今後レベル7、8ドラゴンが追加される度に単純に強化されますし、汎用カードを環境に合わせて入れ替えるだけで長く使用することができるデッキです。

この記事では、【巨竜】のデッキレシピや立ち回りについて解説していきます。


スポンサーリンク



デッキレシピ

スキル:戦力補充

メインデッキ

f:id:fpra1320:20180909213429p:plain:w400

EXデッキ

f:id:fpra1320:20180909213441p:plain:w400

採用カード解説

青氷の白夜龍

このデッキの切り札となるカードです。対象を取る魔法・罠を封じる効果が環境に刺さっていました。
バージェストマ・カナディア、狡猾な落とし穴、エネミーコントローラー、トーラの魔導書などを無効化することが出来ます。
攻撃力3000は流石の高さで、戦闘・効果耐性において無類の強さを誇っています
巨竜の聖騎士で優先して装備していきます。
初動で立てて、ガン伏せエンドが超強力です。

アークブレイズドラゴン

環境に強力な永続罠、フィールド魔法が多いことから採用しました。
除外なので、アマゾネスの急襲の蘇生効果・終わらない罠地獄での再利用を無効化できる点が優秀でした。
先に展開する青氷の白夜龍を蘇生することも出来ます。

巨竜の聖騎士

デッキの軸となるカードで、このカードを引かないことには始まりません。
そのため、戦力補充を使ってサーチしていきます。
巨神竜の遺跡と合わせれば、即切り札を展開することが出来ます。
モンスター効果の対象にならない耐性が地味ながら強力で、空牙団の撃手ドンパやリバース系統のモンスターの効果を防ぐ機会が何度もありました。

創世の竜剣士

アタッカー兼切り札展開要員です。
現環境では、攻撃力1800はほとんどの下級モンスターに殴り勝てる値です。
墓地肥やしから蘇生させる効果まであり、ピン差しながら良い働きをしてくれました。
相手ターン中は、レベル8となり巨神竜の遺跡のモンスター効果無効を適用することが出来ます。

スノーマンイーター

初手で強いカードとして採用しました。
読まれづらく、想定外の痛手を相手に負わせることが出来ます。
守備力が1900もあり、場に残り易いことから巨竜の聖騎士とシナジーがある点も良かったです。

巨神竜の遺跡

巨竜の聖騎士と合わせて切り札を展開するために採用しました。
2枚採用しておりダブると弱いですが、装備されたドラゴン族を墓地へ送りつつ、リリース要員を場に出せる点でこのカードに勝るカードは無く、2積み確定となります。
場にレベル7、8ドラゴン族が存在すればモンスター効果を封じることも可能で、融合系統のデッキや剣闘獣などのデッキを完封してしまうほどの制圧力がありました。

ギャラクシー・サイクロン

気楽にバックを割りに行ける点が優秀で、2つ目の効果で装備されたドラゴン族を自ら破壊出来るため、メインのギミックとシナジーがあります。

コズミック・サイクロン

元々はギャラクシー・サイクロン2枚の予定でしたが、スキルを能動的に使うためにライフ調整ができるため、1枚を差し替えました。
伏せて使えるので、アドを取ったりすることができ、差し替えて正解でした。

禁じられた聖杯

環境に最も刺さっていた最強のメタカードです。
アマゾネス、空牙団、魔導どれにも刺さり、このデッキを2ndステージへ導いてくれました。
青氷の白夜龍がモンスター効果に耐性が無いため、そこを補う点でも重要でした。

エネミーコントローラー

戦闘補助および、奪ってからリリースのコストにするなど便利なカードでした。
劣勢でもコントロールを奪いフィニッシュを決めることが出来たり、まだまだ強力なカードの1枚です。

バージェストマ・カナディア

起動効果封じ、戦闘補助、リリース要員の生成と貢献度の高い働きぶりが目立ちました。

波紋のバリア -ウェーブ・ホース-

このデッキはモンスターが少ないため場が空きやすく、相性が良かったです。
相手の場に2、3体並んでいても、スキルを使用するためにあえて1発受けてから2体目の攻撃で発動したりといったプレイングが大事です。

分断の壁

下級モンスターの殴り合いで優位に立つために1枚だけ採用しました。

強化蘇生

巨竜の聖騎士を連続展開するために採用しました。
場に残っても巨神竜の遺跡のコストにすることが出来ます。


スポンサーリンク



環境デッキとの相性

アマゾネス

相性は五分五分です。
禁じられた聖杯アマゾネス王女アマゾネスの剣士の特攻を封じることが出来れば有利に立つ事が出来ます。
しかし、アマゾネスの急襲の除外がキツい点やアマゾネス女王の処理方法が少ない点が辛いところです。

空牙団

戦闘面では不利になることは少なく、空牙団の撃手ドンパを封じることが出来れば勝機が見えてきます。
ワンキルはやむ無しです。

魔導

不利です。
基本的にバックを割るカードを引けていないと展開することが難しいです。

マスクDHERO

有利です。
青氷の白夜龍巨神竜の遺跡のセットで完封することが出来ます
猪突猛進万能地雷グレイモヤを採用している構築には注意が必要です。

ヴァンパイア

相性は五分五分です。
戦闘で有利なもののヴァンプ・オブ・ヴァンパイアの効果が通り易いため、そこを止めれないと負けてしまいます。

シーステ海

有利です。
中盤にアークブレイズドラゴンを出すだけで容易に勝つことが出来ます。

寄生バーン

有利です。
切り札2枚が害悪カードに強く、寄生虫パラサイトもコストになるため問題になりません。
また、大量展開するデッキでも無いため、溶岩魔人ラヴァゴーレムも刺さりません。

まとめ

今回のKCカップで使用した【巨竜】ですが、トップデッキとも渡り合える強さを兼ね備えつつ、使っていて本当に楽しいデッキです。
ドラゴン好きな方や、変わったデッキを使ってみたい方は、ぜひ組んで回してみてください。

今後の強化も見込め、長く愛用できるデッキなのでとてもオススメです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。