電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【遊戯王DL】デュアルスパーク実装で「地属性デュアル」に要注目!

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180826222755j:plain:w550

今回は、遊戯王デュエルリンクスに実装のデュアルスパークを採用したデッキについての考察記事です。

レベル4デュアルモンスターを1体リリースすることで、相手の場のカードを1枚破壊しつつ、1ドローすることができる強力なカードです。

サクリファイスエスケープを狙う事で、アドバンテージを稼ぐのが主な使い方です。

このデュアルスパークによって、下級デュアルモンスターを軸にしたビートダウンデッキが注目を浴びることでしょう。
下級デュアルには、打点の高いE・HERO アナザー・ネオスエヴォルテクター シュバリエ、再召喚後の効果が強力なダーク・ヴァルキリア業火の重騎士と優秀なアタッカーが揃っています。

そんな中、「地属性デュアルを軸にした構築」のポテンシャルの高さに焦点を当ててみました


スポンサーリンク



地属性デュアルの軸となるカード

地属性のデュアルモンスターには、古代の機械騎士、ジェムナイト・サニクスという主力となれる2枚が存在します。

f:id:fpra1320:20180826222104p:plain:w200f:id:fpra1320:20180826222111j:plain:w200

古代の機械騎士は、再度召喚することで攻撃時の相手の魔法罠による妨害を防げるようになります。
分断の壁万能地雷グレイモヤといった、強力な攻撃反応罠を封じることができます。
また、クロノスのスキル「暗黒?古代の機械」で古代の機械城を貼れば攻撃力は2100となり、下級モンスターとしては破格の性能となります。

ジェムナイト・サニクスは、再度召喚することで戦闘でモンスターを破壊した時に、デッキ内から「ジェムナイト」の名を持つカードを一枚サーチすることが出来ます。
自身をサーチすることができるため、手札内のモンスター切れを防げます。

そして、その2枚の主力をサポートするジェム・マーチャントが非常に強力です。
f:id:fpra1320:20180826222322j:plain:w200

場の地属性通常モンスターが戦闘を行うダメージステップ時に手札から墓地へ送ることで、そのモンスターの攻撃力・守備力を1000ポイントアップさせる効果を持っています。
1000ポイントもの上昇幅があれば、戦闘においては多くの場合有利になれるはずです。

地属性デュアルは、このカードの存在により、デュアルスパークと合わせて場の制圧力が凄まじいことになります。

相手のカード効果に対しては、デュアルスパークでサクリファイスエスケープしてアドを取り、戦闘においてはジェム・マーチャントによるコンバットトリックで迎撃します

まるで、OCGの【光デュアル】のようなポテンシャルを持ったデッキと言えるでしょう。

他に好相性のカードやプレイングの注意点は?

下級デュアルデッキに共通していえますが、正統なる血統はとても相性が良いです。

場のモンスターをデュアルスパークで自らコストにしていくので、場が空き易いことから、召喚権を使わずにモンスターを出していける正統なる血統は積極的に採用していきたいです。

特殊召喚後に再度召喚することで、すぐに効果を発揮させるといった使い方もできます。
デュアルモンスターを追加するよりは、正統なる血統で厚みを持たせる構築をオススメします。

ちなみに、強化蘇生の場合、レベルが上がってしまうため、デュアルスパークの対象では無くなってしまいます。

プレイングの注意点は2点あります。

1点目は、デュアルスパークを発動し対象にした相手のカードがリリースされるなどによって破壊出来なかった場合、ドロー効果を使うことが出来ません。

これは、特にデュアルデッキのミラー戦で多く発生するため注意が必要です。
こちらのデュアルスパークで、相手のデュアルモンスターを破壊しようとしてチェーンでデュアルスパークを発動された場合、アドバンテージを失うことになります。

むやみに発動せずに、しっかりと戦況を判断し適切なタイミングで発動していきたいですね。

2点目は、ジェム・マーチャントは再度召喚したデュアルモンスターには適用出来ないことです。

ジェム・マーチャントでパンプアップさせることができるのは、地属性の「通常」モンスターであるため、再度召喚し効果モンスター扱いになると効果の適用外となってしまうのです。

そのため、ジェムナイト・サニクスを再度召喚した際の戦闘破壊効果などとシナジーが無いため注意が必要です。

また、相手視点からすると「こちらの召喚権が残っている時に再度召喚してこない=ジェム・マーチャントを手札に持っている」と読まれてしまう可能性があります。
逆にブラフとしてあえて再度召喚しないという手もあるので、一長一短とも言えるでしょうか。

まとめ

デュアルスパーク実装によって下級デュアルデッキが台頭するであろう中、今回は【地属性デュアル】を紹介させていただきました。

ジェム・マーチャントの存在により、戦闘面も強化することで優位にゲームを進められるでしょう。

また、レアリティもデュアルスパーク以外は高くないため、比較的組み易いデッキとなっています。

これから下級デュアルデッキを組もうと考えている方の参考になれば幸いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。