電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【遊戯王デュエルリンクス】 マジで刺さるアマゾネス対策カード紹介!

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180716173306p:plain:w500

遊戯王デュエルリンクスのランク戦で、環境トップの実力を誇っているデッキの一つが【アマゾネス】です。

強力なサポートカードであるアマゾネスの急襲を筆頭に、戦闘による制圧力が高いデッキです。
そして、そのアマゾネスの急襲をサーチすることができる、アマゾネス王女の存在がデッキに安定感をもたらしています。

アマゾネスは構築難易度が比較的低いため、使用者も多いですよね!

【青眼(ブルーアイズ)】、【空牙団】、【マスクHERO】、【魔導】と並び環境最強デッキの【アマゾネス】ですが、弱点もあるため、しっかりと対策カードをデッキに投入することで、苦手なデッキではなくなると思います。
今回は、【アマゾネス】に有効なメタカードを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク



【アマゾネス】に有効なメタカード紹介!

メタカードとして、3枚のカードをピックアップしました。
代替案も合わせて紹介しているので、持っていない場合はそちらを参考にしてみてください。

対策カードその1 コズミック・サイクロン

f:id:fpra1320:20180716171756p:plain:w200

【アマゾネス】の最も核となるカードが、冒頭でも挙げたアマゾネスの急襲です。
このカードに仕事をさせないことがこちらの勝利につながります。

そこでコズミック・サイクロンを採用することをオススメします。

アマゾネスの急襲にチェーンして除外してしまい、効果を発動させないようにしましょう。
また、対象カードを除外するため、蘇生効果を発動させることもありませんし、最近流行の【罠地獄アマゾネス】にも刺さります。

【アマゾネス】には、アマゾネスの急襲の他にも、アマゾネスの秘宝アマゾネスの意地といったサポートカードが存在しますが、その全てに対応することができます。

コズミック・サイクロンは、万能な魔法・罠除去として活躍できるので、【アマゾネス】以外のデッキにも仕事ができる点も優秀です。

デメリットは、コストとして1000LP払わないといけないことです。
【アマゾネス】にはアマゾネスの剣士が3枚積まれることが多く、アマゾネスの剣士のバーン効果でライフポイントを消耗することが想定されるため、1000LPでも命取りになりかねません。

それでもキーカードのアマゾネスの急襲を封じ込められることを考えると、デメリットよりもメリットが勝ります。

☆代替案☆
ギャラクシー・サイクロン
アドバンテージをとれる魔法罠除去。
表裏を意識して破壊するため、狙い通りに破壊できない場合がある点に注意です。

砂塵の大竜巻
特にデメリットもなく扱いやすいカード。
罠であるため1ターンのタイムロスが発生してしまいます。

対策カードその2 禁じられた聖杯

f:id:fpra1320:20180926005647p:plain:w200

禁じられた聖杯は、対象の攻撃力を400上げ、効果を無効にするという妨害と戦闘補助を両立した強力なカードです。

【アマゾネス】におけるキーカードはアマゾネス王女であることは明白です。
アマゾネス王女のサーチ効果を封じることができれば、優位にゲームを進められます。

アマゾネス王女の効果は召喚時に発動するため、バージェストマ・カナディア底なし落とし穴で裏側表示にしても無効にすることはできませんが、禁じられた聖杯ならしっかりと無効にすることができます。
攻撃力を400ポイント上げてしまいますが、元々の攻撃力が1200と低いためデメリットとはならないでしょう。

また、禁じられた聖杯アマゾネス王女だけでなく、アマゾネスの剣士アマゾネス女王の効果を無効にできるためデッキ単位で刺さりがよいです。
特に、バーン狙いで自爆特攻を仕掛けてきたアマゾネスの剣士に対して発動することで、相手の思惑をあざむく一撃を与えることができるでしょう。

【アマゾネス】に限らず、あらゆるデッキに対して有効なカードであるため、現環境では必須ともいえるカードです。
最近では【ネフユベル】が流行していますが、ネフティスの鳳凰神、ユベルに対しても有効な点も評価が高いです。

☆代替案☆
もの忘れ
効果を無効化しつつ、守備表示にしてくれるため攻撃も防ぐことができるカード。
ダメージステップで発動できない点や発動タイミングが限られているのがネックです。

対策カードその3 万能地雷グレイモヤ

f:id:fpra1320:20180926005628j:plain:w200

【アマゾネス】は戦闘による制圧に特化したデッキであるため、万能地雷グレイモヤが刺さります。

アマゾネスの女王アマゾネスの急襲、アマゾネスの秘宝といったカードの存在により、単純に攻撃力が勝っているだけでは【アマゾネス】を攻略することはできません。
それは、分断の壁銀幕の鏡壁といったカードを構えていても無意味である上、アマゾネスの剣士との戦闘ではバーンを加速させることになりかねません。

そこで、戦闘を介することなく相手のモンスターを破壊することができる万能地雷グレイモヤがとても良い働きをしてくれるのです。

万能地雷グレイモヤは、攻撃宣言時に戦闘を行うことなく相手モンスターを破壊できるため、【アマゾネス】の強みを完全に消すことができます。

【アマゾネス】においてデメリットはありませんが、【空牙団】を筆頭に環境の他のデッキが召喚時に効果処理を行うモンスターを多用しているため、バトルフェイズ前に除去されてしまうなど、思ったように活躍しないことがあるかもしれません。

似た役割をもてる猪突猛進は、ピンポイントで相手のモンスターを破壊できる点やフリーチェーンである点など少なからず万能地雷グレイモヤに勝る点があるため、デッキによって使い分けるとよいでしょう。

☆代替案☆
猪突猛進
構築によっては上位互換になりうります。
狡猾な落とし穴と相性がよい点はすばらしいです。


スポンサーリンク



この3枚のカード入手するには?

コズミック・サイクロンは、メインBOX「ギャラクティック・オリジン」にURで収録されています。
f:id:fpra1320:20180722143551j:plain:w300


禁じられた聖杯は、ミニBOX「サーヴァント・オブ・キングス」にSRで収録されています。
f:id:fpra1320:20180926012008j:plain:w300


万能地雷グレイモヤは、ミニBOX「クラッシュ・オブ・ウィングス」にSRで収録されています。
f:id:fpra1320:20180926012329j:plain:w300

それぞれ、URおよびSRであるため、少し入手難易度は高めです。

まとめ

上記のコズミック・サイクロン、禁じられた聖杯、万能地雷グレイモヤ【アマゾネス】対策として非常に効果的です。

今まで【アマゾネス】との対戦成績が悪く困っていましたら、ぜひ採用してみることをオススメします。

他のデッキにも対応できるように、一辺倒にならないよう自分のデッキバランスと相談して投入してみてください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。