電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

メガリザードンX 育成考察 【型について】

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180624001620p:plain

 

私自身、ORAS時代からずっとメガリザードンXを使い続けているので、整理してまとめていこうと思います。

この記事は導入編となります。 

 

他のメガリザードンXの育成考察記事はこちら↓

 

www.denno-times.com

www.denno-times.com

www.denno-times.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

はじめに

メガリザードンXというポケモンは、炎、竜という等倍範囲が広いタイプの技を一致で、しかもA種族値130かつ特性かたいつめというスペックから繰り出せるという強烈な個性を持ちます。

しかし、対面性能はあまり高くなく、対面から勝てるポケモンはそう多くありません。対面性能に長けているのはメガリザードンYのほうですね。

対面から脆いメガリザードンXを扱うにあたり、重要になってくるのがりゅうのまいやニトロチャージといった積み技です

冒頭のように技範囲が広いため、一度積むことで全抜きをすることまで可能になります。

ちなみに対面性能を引き上げた型としておにび、はねやすめを搭載した型が存在しますが、今回は考察の対象外になります。

ここでは積み技についてピックアップしてみました。

りゅうのまい型とニトロチャージ型の差異について

りゅうのまい型
 ・一度に攻撃と素早さを同時にあげることができるため、抜き性能が高い。
 ・バシャーモ対面やギルガルド対面で、まもる(キングシールド)との択で優位。
 ・きあいのタスキ持ち、ミミッキュに弱い。
 ・補助技なので挑発で止まる。
 ・技スペースに余裕がある。

 

ニトロチャージ型
 ・攻撃をしながら積むことができる。つまり、きあいのタスキ持ちやミミッキュに強い。
 ・相手の交換に対して、裏のポケモンに負荷をかけることができるため、サイクルで優位になれる。
 ・まもる、キングシールドなどに対し無力。
 ・素早さのみしか上がらないため、つるぎのまいを採用しないと火力が足りない場面がある。しかし、つるぎのまいとの両採用により技範囲が狭くなる。
 ・つるぎのまいを採用しやすく、受けループを強引に崩していけるようになる。

 

 結論としては、りゅうのまい型は他の補助ポケモンからのお膳立てをしてもらってからの全抜き向きで、ニトロチャージ型は相手のサイクルに負荷をかけながら隙をみて一気に抜いていくサイクル向きと言えます。

一概には言えませんが、それらのことを意識してパーティに合う方の型を採用したいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。