電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳TIMES

【物理・特殊両受け】 HDカバルドン 育成考察

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180624003815p:plain

 

今回考察するHDカバルドンは、よくあるしんちょうHD全振りの個体ではなく、性格をわんぱくで運用し、物理耐久にも幅を利かせたHbD調整になります。

 

オボンのみ込みでメガボーマンダすてみタックルメガリザードンXフレアドライブメガバシャーモとびひざげりを確定で2発耐えることを目的としています(つまり、受けだしから起点にすることが可能)。

 

初手で特殊ポケモンに出し負けず、物理ポケモンへの後出し性能も考慮した調整です!

 

カバルドンを初手に出して起点を作るもよし、後ろに置いて物理ポケモンに後出しするのもよしです。

この調整をすることで、選出のしやすさを大幅に上げることができます。

 

  

スポンサーリンク

 

 

調整案

f:id:fpra1320:20170405000642p:plain

性格:わんぱく
実数値:215(252)-132-157(36)-x-120(220)-67
持ち物:オボンのみ

 

ダメージ計算

物理耐久

・意地A252振りメガボーマンダすてみタックル、意地A252振りメガリザードンXフレアドライブ:52.0〜61.8%→オボンのみ込み確定3発
・意地A252振りメガバシャーモとびひざげり:50.6〜60.0%→オボンのみ込み確定3発
・意地A252振りメガクチートじゃれつく:51.6〜61.3%→オボンのみ込み確定3発
・意地A252振りミミッキュ
    ランク+2じゃれつく:47.4〜55.8%→オボンのみ込み確定3発
    ランク+2シャドークロー:36.7〜43.7%→確定3発
    ぽかぼかフレンドタイム:50.2%~59.0%
    Zシャドークロー:36.7〜43.7%

 

わんぱくB36振りでこの耐久力です。

オボンのみが上手く確定数をずらしてくれています。

 

特殊耐久

・控えめC252振りカプ・テテフ
    フィールド下サイコキネシス:60.0〜71.1%→オボンのみ込みで高乱数2発
    同上メガネ持ち:89.3〜105.1%→乱数1発(31.2%)
    ムーンフォース:41.8〜49.3%→確定3発
・控えめC252振りメガリザードンY
    晴れオーバーヒート:99.0〜117.2%→乱数1発(93.7%)
    ソーラービーム:81.8〜96.7%→確定2発
・控えめC252振りカプ・レヒレなみのり:64.1〜76.2%→確定2発
・控えめC252振りウォッシュ・ロトムハイドロポンプ:83.7〜98.6%→確定2発
・控えめC252振りポリゴン2れいとうビーム:45.5〜53.9%→オボンのみ込み確定3発
・控えめC252振りギルガルドシャドーボール:39.0〜46.5%→確定3発
・控えめC252振りメガネ持ちサザンドラあくのはどう:50.6〜60.4%→オボンのみ込み確定3発
・C252振りカプ・コケコくさむすび:52.0〜61.3%→オボンのみ込みで確定3発
・C252振り変幻自在ゲッコウガくさむすび:81.8〜97.6%→確定2発

 

ほとんどの攻撃を一発耐える耐久力があります。

オボンのみが確定数をずらしてくれる場面もあり、特殊耐久面からみてもオボンのみが良く機能しているといえます。

 

この調整では、上記でも触れた通り、確定数をずらすことができるオボンのみが最適です。

ウルトラサンムーン環境では、HP半分回復きのみ(フィラのみ、イアのみ、ウイのみ、バンジのみ、マゴのみ)がサイクル環境に適しているため重宝されていますが、確定数をすらすことはできないので注意しましょう。

 

パーティ単位で重くなりがちなメガボーマンダメガバシャーモに強いので、ぜひ一度使用してみてください。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。