電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳タイムズ

アナログ時計とデジタル時計、正しく使い分け出来ていますか?

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180617234024j:plain:w600

アナログ時計とデジタル時計、皆さんは普段使い分けしていますか?

「とりあえず昔からあるやつを使っている。」

「時計にこだわりなんてない。」

こんな風に思っている方も多いことと思います。

しかし、アナログ時計、デジタル時計それぞれに適した使い方をしてみることで、必ず生活が豊かになりますよ。



スポンサーリンク



全体的な時間把握にはアナログ時計

アナログ時計の良いところは、文字盤の数字が見えるという特性上、現在の時間だけでなく前後の時間把握がしやすいところです。

つまり、今現在に至るまでの時間経過と現在の時間から未来のある地点までの時間経過の予測も容易にできるということです。

デジタル時計では、現在時刻の表示しかされないため、時間の経過の実感をやや感じづらいです。

時間の無駄をなくすには、ある作業にかかった時間を知り、そこから次の行動への時間配分を考えるのに適しているアナログ時計を活用すると良いでしょう。
よって、アナログ時計は1日のあらゆる作業を行うリビングや自分の部屋の見やすいところに設置するのが適しています。

瞬時の現在時刻の把握にはデジタル時計

アナログ時計には上記のようなメリットがありますが、反対にデメリットもあります。
それは、現在時刻の正確な把握に時間がかかるということです。
文字盤の針が数字と数字の間を指すという現象が起こるためです。

デジタル時計の場合、時間・分・秒をリアルタイムで数字で示してくれるため、パッと見で正確な時間把握を行うことを可能にしてくれます。

同時に、ディスプレイ表示により時間だけでなく年・曜日・気温・湿度などの表示やストップウォッチ機能など、ハイテクなものが多いですよね。

そんなデジタル時計は、慌ただしいときの時間把握に利用したいです。
寝起きの時間把握のために寝室に置くのが最も適しています。
また、キッチンやトイレに置くのもデジタル時計が良いでしょう。

自分の生活に適した配置を考えてみましょう!

普段何気なく使っている時計ですが、アナログ時計・デジタル時計を使い分けて適した場所に設置することでより快適な生活に繋がります。

上記のことを踏まえて、自分の生活スタイルに合わせて時計の配置を考えてみませんか。

自分にあった時計を新しく購入してみるのも良いかもしれませんね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。