電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳タイムズ

最近本を読んでいますか?読書したくなるような一冊を紹介します

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180318160027j:plain:w600

みなさんは普段から本を読んでいますでしょうか?

僕はあるとき本の重要さに気づき、毎日の日課になっています。

毎日忙しくて本を読む暇がない!
こんなことを思っている方も多いことでしょう。

でも、本はスマートフォンやテレビを見るような手軽さで、生活の中の一部に溶け込めるものなんです。

一日10ページだけで良いんです。
一ヶ月で一冊読みきることができますよ。

そうしたら自然と読書が楽しくなって、読むペースもあがっていくと思います。

実際僕も、今まではあまり本を読む習慣はありませんでした。
しかし、ある一冊の本と出会い、本を読む楽しさや重要さに気づくことができました。

今回はその一冊の本をみなさんにご紹介したいと思います。



スポンサーリンク



これから読書を始める人に超オススメの一冊!

頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本)

頭は「本の読み方」で磨かれる: 見えてくるものが変わる70冊 (単行本)

「本を読むことの大切さ」を考えさせられる一冊です。
私は、茂木健一郎氏の「本は自分という人間の成長を映す鏡」という言葉にとても感嘆しました。

どんな本も自分が成長していくにつれ、読み方が変わってきます。
小学生、中学生の頃に読んだ夏目漱石などの作品を今一度読んでみると、当時とはまったく違う解釈ができるはずです。

それは自分が成長し、様々な知識や経験、物の考え方が備わったからです。
だから、自分を映す「鏡」なんですね!

読書は情報を取り入れたら終わり、ではなく、その知識は自分の過去と未来との経験の中で結ばれて、新しい意見が見出されて発展すると言います。
どんな本もいつでも手に取れるところにおいて、常に対話ができるようにしたいですね。

これから読書を習慣にしたいと思っている方、ぜひこの一冊からスタートしてこれからの読書ライフを充実させてみてください!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。