電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳タイムズ

僕が最近竜舞メガリザXを使わなくなった理由

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180430120244p:plain:w600

こんにちはリバです。

メガリザードンXは、毎シーズンパーティの中心に据えています。
SMのシーズン1からはりゅうのまい型で主に使っていました。

ですが、最近竜舞型できついなと思うことが多々あり、それは主に数値受けポケモンに歯が立たないという理由からです。
ポリゴン2ドヒドイデなどが環境に多く、竜舞のA一段階上昇では、下げざるを得ない場面が多発しました。
それに加えて、タイプ受けされるカプ・レヒレヒードランの数も多く、竜舞から抜いていく動きが取りづらくなりました。

そこで最近は、ニトロチャージつるぎのまい型にしています。
この型の強みは、剣舞による強引な数値受け、タイプ受けの突破です。

今回は、環境とメガリザードンXの型について書いていきたいと思います。



スポンサーリンク



受けまわし系のパーティ多くない?!

最近多いと感じるパーティの1つが、対面性能を高めたサイクルパです。
代表的なのがグロスレヒレヒトムなどです。

ORAS時代のような所謂対面構築のようなパーティはほとんど見なくなりました。
サイクルを回しつつ、随所でZ技などの高火力を押し付けながら、対面でアドを取っていくパーティが多いです。
そんな中、台頭していったのがメタグロス霊獣ランドロスヒードランなどの火力を備えたサイクル向きのポケモン達です。
霊獣ランドロスヒードラン...メガリザードンX側からはきついポケモンですよね。

一つ驚いたのが、Z技という要素があるにもかかわらず、サイクルパが崩壊しなかったことですね。
Z技ですら、有利なタイプや高い種族値で受けてしまおうというスタンスがみえます。

そんな中で、メガリザードンXの通りの悪さが目立ちました。
竜舞のところで受けポケモンに引かれ、それに合わせこっちも引き、そのサイクルを繰り返す中でダメージを蓄積し、負けに繋がっていました。
そこに関して、しっかり竜舞型で回答を見いだせなかったのは自分的に今後の課題になると思っています。

数値受けのポケモン多くない?!

ポリゴン2ドヒドイデといった数値受けポケモンが多いのもまた事実です。
ポリゴン2に関しては、現在のフェアリータイプ環境の中で、不利なはずの格闘タイプの需要を高める要因の一つといってもいいでしょう。

そんなポリゴン2メガリザードンXで突破するのは本当にしんどいです。
HBポリ2が相手だと、竜舞型ではイカサマどくどく自己再生を駆使され対面で負けてしまいます。
解決策として、こちらも当然裏のポケモンにどくどくや格闘技を仕込んだりしますが、うまくサイクルでいなされていました。

そこに関して、しっかり竜舞型で回答をry


スポンサーリンク



なのでニトチャ剣舞型を使ってみた

上記の経緯の中で僕が出した答えはニトチャ剣舞型を使おうということでした。
実にORASの頃ぶりでした。
実際、使ってみると剣舞の刺さりの良さに感動しました(笑)

剣舞によって、強引な突破ができるのが本当に強いです。
竜舞型では3ウェポンにして、かみなりパンチじしんを搭載することにより、苦手なポケモンを突破していました。
しかし、ポリゴン2に対しては無力なのが辛いところではありました。

剣舞型では技範囲は狭いですが、その分ポリゴン2などの数値受けポケモンに強く、さらにはタイプ受けポケモンですら安易に受けれないほどのダメージを負わせることができます。

このことは、自分の立ち回りに余裕を与えてくれました。
メガリザードンXで強引にダメージを与えていけるので、ポリゴン2カプレヒレヒードラン対策に選出したポケモンで、それらのポケモンを強くみる必要がなくなりました。
つまり、突破方法が常に2ルートあるような感じで、ここまで削れば後はメガリザードンXで削れるからOK(あるいはその逆)という立ち回りが容易になりました。

最近まで竜舞型で頭がいっぱいだった自分には良い刺激になりました。
もっといろいろ考察しないとなぁと思ったここ最近のお話でした。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。