電脳タイムズ

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

【遊戯王DL:KCカップ予選・本戦使用構築】真紅眼の黒刃竜 【レッドアイズ・スラッシュドラゴン】

今回使用した構築は【真紅眼の黒刃竜】です。
高い攻撃力と相手の対象を取る効果を無効にし、場を制圧できる真紅眼の黒刃竜を軸にしたデッキを組みました。
非常に強力なパワーカードで、イージーウィンが決まりやすいため効率が良く、さらに長期戦においても優位に立つことが多かったです。





デッキレシピ

スキル:戦力補充


採用カード解説

E・HEROブレイズマン

召喚するだけで融合をサーチできるデッキのメインモンスター
戦力補充で、初手で引いたり素引きした融合をデッキに戻して、呼び込む動きが強いです。
召喚するだけでアドバンテージが取れるため、融合素材になるだけでなく、エネミーコントローラーのコストにしたり、雑に扱うことができます。
真紅眼の黒刃竜の効果で蘇生された際もサーチ効果を使える点が優秀です。

真紅眼の黒竜

主に融合素材、レッドアイズ・インサイトのコストに必要なために採用しました。
レッドアイズ・スピリッツで蘇生し、普通に殴りに行く動きも多々ありました。

クリボール

封魔の矢炎舞ー「玉衝」が流行っていたためピン刺ししました。
真紅眼の黒刃竜の特性上、魔法罠ゾーンが埋まりやすいため、シナジーがあり強力でした

コズミック・サイクロン

ライフコストがきついですが、伏せが強い環境のため、一枚のみ採用。
さらにスキル発動のライフ調整にも使えます
2枚目の採用もありだと思いました。

レッドアイズ・インサイト

真紅眼の黒刃竜を蘇生させるレッドアイズ・スピリッツが強力なため、採用しました。
真紅眼の黒竜が単体でビートダウンしても十分強いため、レッドアイズ・スピリッツを単体で採用していた時よりも幅が広がり安定しました。
腐ってもスキルでデッキに戻したり、嵐のコストにできたため、無駄になるシーンはほとんどありませんでした。

エネミーコントローラー

万能の防御カードで、2枚採用しました。
機械天使サイバー・エンジェルー荼吉尼ーの除去をいなして、優位に立つためにも必要なカード。
相手のモンスターを融合素材にする動きも意識して使っていました。

ダブル・サイクロンと悩み、最後に入ってきたカードです。
真紅眼の黒刃竜の装備をコストにしたり、チェーンでレッドアイズ・スピリッツを発動したり、こちらのアドバンテージを失わないように使っていました。
腐っているカードをコストにしたり、最後の詰めで使えたり強力でした。
結局ダブル・サイクロンとどっちがよいのか答えは出ませんでしたが、多く除去できる嵐でよさそうです。

レッドアイズ・スピリッツ

強力なフリーチェーンの蘇生カードです。
採用しない手はないぐらい強力なカードです。
このカードがバックにあるだけで、レッドアイズモンスターが雑に殴りにいけます。
場面の制圧、ワンキルなど様々な場面で活躍したパワーカードです

分断の壁

展開力のあるデッキに刺さるカードで、環境に刺さっていると思い、2枚採用しました。
攻撃モンスターだけでなく、横にいるモンスターも巻き込めるのが強力でした。
銀幕の鏡壁はライフ調整、嵐のコストに使えるので、どっちを採用するか悩ましいところです。

真紅眼の黒刃竜

デッキの切り札で、このカードを中心にデッキを組みました。
融合召喚自体アドバンテージを失うため、このカードの効果を最大限に活用し、アドバンテージを得れるようにデッキを組みました。
底なし落とし穴を発動されるのがきついため、注意していました。
攻撃宣言さえできれば、横に倒されても守備力がそこそこ高く、さらに効果で装備カードが付きますし、コンバットトリックを決められてもE・HEROブレイズマンを蘇生できるため、被害は抑えられます。
制圧力がとにかく高く、切り札に相応しい活躍をしてくれました。

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーー

真紅眼の黒竜と融合代替モンスターによって出すことができます。
貫通効果により、対害悪に強く、ミラーやドラゴンデッキに強いです。
また、戦士族のため、真紅眼の黒刃竜の装備対象にすることもできます。



デッキの回し方

序盤は、E・HEROブレイズマンを引いていたら、ある程度雑に出していきます。
あえてダメージを受けてスキル発動を狙う動きも狙います

融合素材がそろったら、積極的に融合し、殴っていきます。
伏せをある程度警戒しますが、装備カードを付けることが重要になってくるため、躊躇せず攻撃していきます。

相手の対象カードには積極的に効果を発動し、伏せカードと合わせて試合を優位に進めていきます。

機械天使

相性は悪くありませんが、真紅眼の黒刃竜の効果を有効に使える場面があまりありません。
また、サイバー・エンジェルー荼吉尼ーの効果で容易に真紅眼の黒刃竜が除去されてしまうので注意が必要です。
相手は伏せの少ないデッキなので、エネミーコントローラーレッドアイズ・スピリッツを用いたワンキルを意識して試合展開するのが良いです

剣闘獣

かなり相性が良くほぼ負けることはありません。
とりあえず一回、真紅眼の黒刃竜で攻撃を通すことができれば勝ち確定です。
剣闘獣の3体融合モンスターをそれぞれ出させないように注意しましょう。

バーン

真紅眼の黒刃竜肥大化呪魂の仮面を無効にできるので互角に戦えます。
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムを出させるときついので注意しましょう。

恐竜

基本打点がこちらの方が高いため、基本的には有利です。
レッドアイズ・スピリッツをバックに展開したり、コズミック・サイクロンをうまく刺せば勝機は近いです。


制圧力が高い切り札カードでゴリゴリ殴れる楽しいデッキです!
ぜひ使ってみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。




↓↓Twitterやってます↓↓

メイン(ポケモン)アカウントリバ (@liva_poke) | Twitter

遊戯王デュエルリンクス専用アカウントリバ@デュエルリンクス (@liva10red) | Twitter