電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳タイムズ

【呼ぶ地面に刺さる!】シュカのみ持ちカプ・コケコ 育成考察

スポンサーリンク

シュカのみ持ちCSカプ・コケコの考察記事です。

カプ・コケコの弱点であるじめん技を、シュカのみで半減にすることで、じめんタイプポケモンに対して強く出ることができます。

カプ・コケコに後投げされやすい霊獣ランドロス、カバルドン、ガブリアス、マンムーに対してアドバンテージを取ることができます。



スポンサーリンク



調整案


性格:ようき
実数値:145-x-106(4)-147(252)-95-200(252)
持ち物:シュカのみ
技(確定枠):めざめるパワー(氷)くさむすび

ダメージ計算

被ダメージ(シュカのみ発動時)

物理耐久
・意地A252振り霊獣ランドロスじしん:79.3〜93.7%
・意地A252振りガブリアスじしん:74.4〜87.5%
・意地A252振りマンムーじしん:74.4〜87.5%
・意地A252振りメガボーマンダランク+1じしん:79.3〜93.7%
・意地A252振りメガギャラドスランク+1じしん:83.4〜98.6%
・無振りカバルドンじしん:48.2〜57.9%

仮想敵の攻撃を安定して耐えることができます。
積んだメガボーマンダやメガギャラドスに対するストッパーとしても働けます。

・A252振り霊獣ランドロスがんせきふうじ + じしん:102.0〜120.6%
・A252振りガブリアスがんせきふうじ + じしん:93.6〜111.3%
・A252振りマンムーじしん + こおりのつぶて:94.3〜112.4%

上記の計算は、仮想敵がきあいのタスキを所持していた時を想定したものです。

有利とは言えない計算結果ですが、上記ポケモンはがんせきふうじ後に、こちらの交代読みステルスロック撒きをしてくることが多いので、突っ張ることも悪い選択ではないです。

調整をするのであれば、上記マンムーの技を確定耐え(最高乱数耐え)するまでBに努力値を振ると良いです。Bに108振ることで確定耐えになります。

特殊耐久
・控えめC252振りメガネ持ちサザンドラだいちのちから:71.7〜84.8%

与ダメージ

めざめるパワー(氷)
・H244振り霊獣ランドロス:69.7〜82.0%
・無振りガブリアス:69.9〜83.0%

くさむすび
・無振りマンムー:90.8〜107.0%→乱数1発(43.7%)
・慎重H252D252振りカバルドン:46.5〜54.8%→乱数2発(56.6%)


スポンサーリンク



立ち回り

先発性能が高いため、初手に出していきやすいです。
初手で出し勝つと、ほぼ確実にでんき技読みでじめんタイプポケモンが出されますが、深読みせずに10万ボルトやボルトチェンジを選択していきます。

後出しされたらめざめるパワーで殴って行きます。
相手のじめんタイプポケモンがスカーフ持ちだった場合、択になりますが、浮いたポケモンに引くよりもボルトチェンジで突っ張った方が良いです。

相手もこちらの引きに合わせて引くことが多く、仮に突っ張られてもその後に浮いたポケモンで積んでいけるからです。

また、スカーフ持ちだったときは、性格がようきかいじっぱりかダメージから判断できるので、忘れずにチェックしましょう。

他の持ち物との比較

同じような役割を持たせる持ち物として、
ふんせんときあいのタスキがあります。

・ふうせん
こちらがダメージを受けるまでずっとじめん技を透かすことができます。
ただし、カプ・コケコの強みであるエレキフィールドの恩恵を受けることができなくなります。

・きあいのタスキ
じめん技に限らず1耐えすることができるようになります。
汎用性はもっとも高いですが、トンボルチェンを習得しサイクル戦向きといえるカプ・コケコは、サイクルの中でダメージを受けやすいので、きあいのタスキが腐ることも少なくないです。

パーティや役割に応じて正しい持ち物を判断したいところです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。