電脳TIMES

ポケモン好きからブロガーに。ゲーム、ブログ関係のことを中心に、いろいろなことを書いていきます。

電脳タイムズ

メガリザードンX 育成考察 【素早さの努力値調整】

スポンサーリンク

f:id:fpra1320:20180623234555p:plain

 

メガリザードンXの素早さの努力値調整についての記事です。

 

メガリザードンXの素早さ種族値は、激戦区ともいえる100族です。

そのため、しっかりと仮想敵に合わせて調整したいところです。

 

他のメガリザードンXの育成考察記事はこちら↓

 

livapoke.hatenablog.com

livapoke.hatenablog.com

livapoke.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

素早さ調整案(随時更新)

補正なし

〜実数値min120〜

100振り:準速80族抜き
108振り:準速ギャラドス抜き
116振り:最速70族(パルシェン、キノガッサ)抜き、1舞で最速130族抜き
124振り:最速メガバンギラス抜き
140振り:準速85(カプ・レヒレ)族抜き
148振り:準速FCロトム抜き
172振り:最速ヒードラン抜き
204振り:最速80族(バシャーモ、マンムー)抜き
220振り:準速95族(カプ・テテフ)抜き
228振り:準速ミミッキュ抜き
244振り:最速85族抜き
252振り:最速FCロトム抜き

〜実数値MAX152〜

 

補正あり

〜実数値154(156振り)〜

156振り:準速100族(メガリザードン、メガガルーラ、メガバシャーモ)抜き
188振り:最速霊獣ランドロス抜き
220振り:最速95族(カプ・テテフ)抜き
228振り:最速ミミッキュ抜き
252振り:最速

〜実数値MAX167〜

 

 

オススメ調整ライン

補正なし116振り(実数値:135)

ほうしで眠らせてくるキノガッサは、是非とも抜いておきたいラインです。

また、りゅうのまいやニトロチャージ後に、環境でメジャーな高速アタッカーであるメガゲンガー、カプ・コケコの上を取れるようになり、非常に止めづらくなります。 

この調整ラインは中速ポケモンの激戦区であるため、エース採用なら124振りして、抜き抜き調整にするのも良いと思います。

 

補正あり188振り(実数値:158)

性格をようきで使うなら、最低限ここまで振りたいところです。

霊獣ランドロスは採用率の高い優秀な物理ストッパーで、メガリザードンXに対面から勝てるポケモンです。

さらに最速スカーフで運用されることも多いため、1舞後の抜き性能を落とさないためにも重要なラインとなります。

相手の選出画面に霊獣ランドロスが見えたときに、選出し辛くならないようにしたいです。

 

補正あり228振り(実数値:163)

最速ミミッキュ、最速カプ・テテフを同時に抜ける調整です。

最速ミミッキュは、アタッカーよりはのろい、いたみわけを搭載した個体が多いです。上から殴れることで、ハメられずに処理することが容易になります。

カプ・テテフは、最速きあいのタスキ持ちなどが増えているため、抜いておく価値は非常にあります。

 

補正あり252振り(実数値:167)

同族意識をするなら最速採用が良いです。

素早さ調整をしているメガリザードン、メガバシャーモなどに対し優位に立て、仮に相手が最速調整をしていても5割の確率で先に行動できるため、同族勝負で勝ちやすくなります。

また、メガリザードンやメガバシャーモは、環境でメジャーなメガシンカポケモンであるため最速調整の意義は大きいです。

そのかわり、努力値配分が難しくなります。

抜きエースHSか、サイクルに負荷のかけられるASが良いと思います。中途半端なhaSは、最速のうまみを殺す調整といえるでしょう。

 

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。